『TGS Sale』からトロフィー攻略記事を抜粋

『Kruger』プラチナトロフィー取得の手引き【275円・約5分で完了】

kruger

ゲーム&トロコン概要
プラチナ達成時間 約4分30秒
値段 275円(税込)
難易度 1.1 / 5段階中
時限要素 なし
備考 PS5専売
PSストアリンク Kruger

『Kruger』(クルーガー)概要

Zakym開発/販売の2D横スクロールアクションゲーム。

Zakym社は2022年に立ち上げられた企業であり、プレイステーションを中心に活動しているディベロッパーとのことです。

要するにトロファーのために設立された会社ってことですね。

最近はプラチナトロフィー取得を目的とした作品を売るメーカーが増えてますが、数が多くなるほどに各タイトルの取り分も減っていくような気がします。

今はお手軽な作品が販売されるピークで、今後もリリースされるペースは変わらないにしろ、あとから参入した会社は淘汰されていくのではないかという予感がします。

本作は使用するボタンがLスティックと×ボタンだけという、非常にシンプルなアクションゲーム。

正直何も見なくてもトロコンが可能な作品となっています。

ただし日本国内ではPS5専用タイトルとして販売されているので、一番難しいのはまず本体を購入することというオチがついてしまってますね。

PS5にて配信中。

トロフィーのリージョンは北米、欧州、アジア、日本と分かれています。

PS4版が販売されているのは北米と欧州のみ。

操作説明

ボタン配置【PS5】
Lスティック・十字キー 移動
ボタン キャンセル
×ボタン 決定、ジャンプ(2段ジャンプ)
OPTIONSボタン ポーズ

 

事前知識

全3ステージを普通にクリアするだけ、でトロコンできます。

所要時間は約5分。

「25回ジャンプする」「こうもりを発見する」といった項目は全てクリアする過程で勝手に獲得できます。

唯一「コインを5枚取る」のトロフィーは見落とす可能性がありますが、コース途中に配置されているものを無視しなければ問題ないでしょう。

 

トロフィーコンプリートの流れ

  1. ゲームスタート
  2. ジャンプを25回達成する
  3. コインを5枚取る
  4. コウモリを見つける
  5. 全3ステージをクリアする
  6. トロコン

6行に渡って工程を書きましたが、実際は何も考えなくていいです。

全3ステージを普通にクリアしてください。

 

ゲーム開始からトロフィーコンプリートまでを解説(動画あり)

攻略動画

動画を見るまでもない作品ですが、一応プレイ記録を残しておきます。

どんなゲームか画面を確認したいときに使ってください。

ゲームスタート

ゲーム開始

ちょっと『ゼルダの伝説 夢を見る島』を彷彿とさせるようなシーンから物語は始まります。

 

タイトルメニューも表示されずにステージセレクト画面に移行するので、一番左の1面から順々にクリアしていきましょう。

タイトルメニューも表示されずにステージセレクト画面に移行するので、一番左の1面から順々にクリアしていきましょう。

操作説明・最初にすること

操作説明

画面左上のバーは体力。

画面右上の表示は現在プレイヤーが獲得しているコインの枚数。

Lスティック、十字キーで移動。

×ボタンで2段ジャンプ可能。

まずは頭上に見える5枚のコインを目指しましょう。

 

Make your first jump(Make your first jump)

同じ種類のトロフィー
  • Jump 5 times(Jump 5 times)
  • Jump 10 times(Jump 10 times)
  • Jump 15 times(Jump 15 times)
  • Jump 20 times(Jump 20 times)
  • Jump 25 times(Jump 25 times)

Make your first jump(Make your first jump)

ステージ攻略中にジャンプを1回~25回飛んでトロフィー獲得。

意識せずともゲームが終わるまでには達成していることでしょう。

25回飛ばないで全クリする方が難しいです。

 

Avoid obstacle in level 1(Avoid obstacle in level 1)

同じ種類のトロフィー
  • Avoid obstacle in level 2(Avoid obstacle in level 2)
  • Avoid obstacle in level 3(Avoid obstacle in level 3)

Avoid obstacle in level 1(Avoid obstacle in level 1)

「レベル1 ~ 3のダメージゾーンを飛び越える」が条件。

必ずジャンプして避けなければならない位置に設置してあるので、このトロフィーを意識する必要はありません。

これはレベル2とレベル3も同様。

 

Collect 1 coin(Collect 1 coin)

同じ種類のトロフィー
  • Collect 3 coins(Collect 3 coins)
  • Collect 5 coins(Collect 5 coins)

Collect 1 coin(Collect 1 coin)

レベル1が始まってすぐ上に見えるコインを取るとトロフィーGET。

5枚まとめて設置されているため、全部取ればコイン系の実績はこれで終了となります。

ちなみに金貨を取ったところでプレイヤーがパワーアップするわけではありません。

 

Finish level 1(Finish level 1)

同じ種類のトロフィー
  • Finish level 2(Finish level 2)
  • Finish level 3(Finish level 3)

Finish level 1(Finish level 1)

「レベル1 ~ 3をクリアする」が条件。

これも特に意識する必要がないトロフィーですね。

 

Discover bat(Discover bat)

Discover bat(Discover bat)

レベル3が始まったらしばらく右に進みます。

地面の割れ目から緑色のコウモリが飛び出してくるので、それをじっと目撃するとトロフィー獲得。

ゲームが終わったあとに「こんな奴いたっけ?」と思い出せないほど存在感のない敵なので、やっぱり意識する必要はありません。

あとはこのステージをクリアすればフィニッシュ。

Kruger(You have collected all trophies !)

Kruger(You have collected all trophies !)

プラチナトロフィー

 

あとがき

キャラクターの操作感は悪くないので、もうちょっとまともにプレイしたかったゲームですね。

長い旅が終わったあとの冒険は、あまりにも短かった(PSストア作品説明文より)

2 COMMENTS

匿名

北米や欧州ストアで大量にリリースされてる一枚絵見ながらボタン押すだけのよりは
数分で終わるとは言え一応アクションゲームしてる分ましかなと思ってしまいます

最近はラタライカやeastasiasoftが優良メーカーに思えるレベルで粗製濫造がひどいですね

返信する
かなめ

>匿名さん
うーん、たしかに…
もはや操作できるアクションゲームというだけでまし、というレベルにまで達してますね
海外ストアはいつ見ても魔境だと思ってます

某〇reakthrough 〇amingsの新作とか、3秒で終わるビジュアルノベルが出てました

“コンシューマ機”というぐらいなんで、家庭用にある程度クォリティを保証してほしい気がするのですが、足切りの仕組みが構築できないということなんでしょうね

>最近はラタライカやeastasiasoftが優良メーカーに
>思えるレベルで粗製濫造がひどいですね
いや本当に…
ラタライカを笑っていた2年~3年前が懐かしいです

日本もIARCが解禁されたことで、更に変なソフトが海外から輸入されないことを願ってます

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。