『SUMMER SALE 第2弾』からトロフィー攻略記事を抜粋

「PS VR2」は装着したまま周囲を確認できる!新機能をPS.blogが公開!「Meta Quest 2」は価格の改定を発表

PS VR2はヘッドセットを装着したまま周囲が確認できる”シースルービュー”機能を発表

SIEは7月26日未明、PlayStation VR2(以下、PS VR2)に関する最新情報を公開しました。

現在までにPS VR2に関する情報として

  • ヘッドセットそのものが振動する
  • ゲーム中のキャラの脈拍や、顔の近くを通過する物体の気配、乗り物がスピードを上げる際の推進力など、プレイヤーにフィードバックする機能が追加
  • 煩わしかった配線がUSBケーブル一本に収束
  • アイトラッキングにも対応。特定の方向に視線を向けるだけでゲームへの入力が行える

という、前世代と比べて新技術がてんこ盛りであることが発表されていたわけです。

今度はいったい何が追加されたんでしょうか。

ボタンひとつで周囲の映像とプレイ画面との切り替えを行うことができる新機能

ボタンひとつで周囲の映像とプレイ画面との切り替えを行うことができる新機能

例えばPS VRをかぶると、コントローラがどこにいったか分からなくなってしまうわけです。

今までは足元に置いて位置を忘れないようにしておく、というのがVRプレイヤーの基本的なスタート方法でした。

それがボタン一つで周囲を確認して、コントローラを探すことができます。

プレイエリアのカスタマイズを行うことも可能

プレイエリアのカスタマイズを行うことも可能

周囲を確認できる機能を利用して、プレイエリアをカスタマイズすることもできちゃいます。

例えば部屋に置いてある机やごみ箱にぶつかると危ないので、あらかじめ自分でプレイ範囲しておく。

あとは境界線に近づくとシステムが警告してくれるというわけ。

ゲーム部屋が狭いからPS VRは不安という人も安心の機能ですね。

VRモードとシネマティックモードの仕様を発表

  • VRモードは360度の視界で楽しめる。コンテンツは4000×2040HDRビデオフォーマット(片目あたり2000×2040の解像度)、90/120Hzのフレームレートで表示。
  • シネマティックモードは、仮想空間上の巨大画面で普通のゲームプレイおよびコンテンツを視聴可能。1920×1080 HDR、24/60Hzまたは120Hzのコンテンツが楽しめる。

以上、2つの機能を実装することも明らかにされました。

これは解像度とフレームレートを除けば初代と同じ仕様ですね。

要する普通の360度見渡せる状態と、映画館でスクリーンを見るような2つのモードがあるよ、ってことです。

 

PC版VRヘッドセット「Meta Quest 2」は2万円以上の値上げを発表

今回もPS VR2の本体価格は公表されませんでした。

そして同時期に最安値クラスのPC版VRヘッドセットである「Meta Quest 2」が2万円以上の価格改定を発表しています。

2022年8月1日より

  • 128GB版が37,180円 → 59,400円
  • 256GBが49,280円 → 74,400円

に値上げされるとのこと。

専用のアクセサリーについても価格の改定を発表。

これは昨今の半導体不足や材料費の高騰に伴っての値上げだと思われます。

同種の製品の価格を見ながらPS VR2の値段も決めると予測されるので、この辺が相場なのかな…という気もしますね。

ただ有線接続であるとか、記憶容量はPS5本体に任せていいなど、コストダウンできる要素もあります。

あくまでも参考価格ということで。

ちなみに初代「PlayStation VR PlayStation Camera同梱版」の価格は49,980円(税別)

2017年10月に5,000円の値下げを実施していました。

あとがき

見れば見るほどオキュラスの代わりにPCでも使えるようにならないかな…というスペック。

VR技術とソフトの面白さは保証されていると思うので、あとはPS5本体と一緒にどこまで増産できるかがカギになってきそうですね。

初代PS VR持ってるので、新型と下取りしてほしかったり
created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥15,545 (2022/08/10 15:24:13時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。