2,000円以下セールからトロフィー記事を抜粋

PlayStation Nowに新規加入してみた【2020年版】

PlayStationのサブスクリプション
PlayStationのサブスクリプション


 

サービス初期と比較して1ヶ月は半額以下に

加入している人には今更だと思われる話。

自宅の回線が不安定なのでクラウドゲーミングには手を出していなかったが、2018年にPS nowはゲームのダウンロードに対応。

遊び放題サービスとして劇的に使いやすくなった。

Windows PC、トロフィー、そして DLC込みといたれりつくせり。*1

昔は1ヶ月2500円だったものが、今は1180円。今回は新規加入者に至っては1年間で5235円。

CEROのZ区分もプレイできるのは素晴らしい。

最初はセールを漁っていたが、ついにはPS Nowにも手を出してみたという流れ。

よく考えたらトロファーには最適だった。

対応機器

PlayStation4とWindows PC。

ストリーミングは両機種とも対応。

ダウンロード機能はPS4のみ。

PlayStation3タイトルはストリーミングのみプレイ可能。

加入方法

クレジットカード/デビットカードを所持している

CERO:Z18歳以上対象、なのでPaypalやPSNカード(残高)では支払い不可。

クレジットカードを持っている人は問題なし。

何か理由があって作れない人も、最近はデビットカードに切り替えられるのでキャッシュカードも多いので、こちらも問題なし。

ちなみに還元率の高いVisa LINE Payクレジットカード、またはLINE Payカードでは突破できなかった。無念。

所持していない、作れない

www.playstation.com

電器店に売っているPSN Nowカードを買う。

対応店舗は公式サイト参照。

カードに大きく「18歳未満は利用できません」と書いてある。

理由があってカードを持っていない人はVプリカ。

これも定番の支払い方法である。

twitter.com

昔に使用できたチャージ式クレジットカードも今は使えない。

まだVプリカが塞がれたという話は聞かないが、一応その都度調べてから、購入を推奨する。

自動更新はOFFにしよう

自動更新は必ず切る。

更新停止した瞬間にプレイできなくなるわけではないので、安心しよう。

新作にハマってやらなくなるかもしれないし、環境が変わってなかなかゲームができなくなるかもしれない。

その間も課金はされ続けるので、プレイする期間のみ再開すれば良し。

毎年6月頃開催する『Day of Play』というセールなら大幅な割引が効くだろうが、新規加入者以外のディスカウントはなかなか無い。

セーブデータはどうなってるの?

ダウンロードプレイの場合

今まで変わらず。

普通にHDDに読み書きする。

ストリーミング / Windows PCの場合

クラウド上に保存される。

PS Plus加入者ならば、クラウド→PS plus→自分のPS4にコピーすることができる。

改めてパッケージやダウンロード版で買い直して続きからプレイも可能。

売ってしまったソフトも、PS Nowに置いてあれば続きからできる。

対応タイトルをプレイしながらPS(ホーム)ボタンを押し、ここからセーブデータに関するメニューを開く。

PS3タイトルの場合

PSボタンでXMBが開く。

経験者ならお馴染みの作り。

かつてPS3でセーブデータをバックアップしているなら、再び使用できる。

PS4にはダウンロードできない。

その他・気付いたこと

クライアントが軽いので、別のPS4ゲームをスタンバイさせながらPS Nowを起動できる。

PS3ソフトを起動した場合、擬似的にPS3オンライン状態になるので、PS4でオフラインにしている人は気をつける。

あとがき

遊び倒してきます。

何か気づいたことがあれば追記していく予定。

 

*1:一部タイトルはDLC適用なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。