ビッグウインターセールからトロフィー記事を抜粋【1/5】

北米PSストアカードはどのオンラインショップで買うか【5店】

北米PSストア

北米PSストアカードはどこで買う?

SCEが本拠地を北米に移し、SIEとなってから早数年。

セールの回数こそ日本と足並みを揃えていますが、ソフトの安さやセール品の多さは北米ストアに軍配が上がります。

向こうで安く買ったゲームも言語設定から日本語に変えれば、北米の表現規制で遊べてしまいます。1

トロフィー収集が趣味の人にとって、海外ストア巡回は避けて通れない道でしょう。

ですが問題は支払い方法です。

国内発行のクレジットカード、そして国内住所のPaypalが使えないので、北米のPSストアカードでウォレットにチャージする必要があります。

ならばそのカードを購入するにはどこがいいか、複数の候補をあげてみようと思います。

安くてもショップの利便性や安全面での不安もあるでしょう。

いろいろ心配な方は高くても安心のamazonを先におすすめしておきます。

基本的にはショップにカード番号や口座番号が伝わらないようにPaypalを使ってください。

これから先の記事はチェックした時点での価格を載せています。

人気は20ドルカードですが、全ショップに取り扱いがあって比較しやすい「25ドルカード」に絞って調査してみました。

実際の値段はリンク先で確認してください。

尚、実際に購入する場合はあくまでも自己責任でお願いします。

 

Play-Asia(プレイアジア・プレアジ)

25ドルカード = 2,832円

15年以上続く老舗。

北米アカウントの取り方を解説しているサイトは、大半がこのショップを推奨しています。

利用体験や解説が山のようにあるので、一定の信頼はあるでしょう。

海外サイトにしては珍しくJCBカードが使えます。

プレアジの弱点は「安心感はあるけれど、カードの値段はそこそこ高い」というところですね。

私が利用した際は特に問題なかったですが、昔は「使用済みコードが送られてきた」という報告がありました。

大体は購入後数分でコードが送られてきますが、ときどき日をまたぐこともあります。

最近購入額に応じてコインをプレゼントする、ロイヤリティプログラムが始まりました。

サポートは英語か中国語。

 

Infinity Game Codes(インフィニティゲームコード)

25ドルカード = 3,050円固定

ヤフオクでの取引もやっている珍しいショップです。

サイト表記も商品購入のやりとりも全て日本語。

サポートを日本語でやって欲しい場合は重宝するでしょう。

正規品であることを証明するために、わざわざ実際のカードを撮影してコードを送付してくれるそうです。

数分~24時間以内にメールで送信。

私は利用経験はありません。

 

SEA Gamer Mall(シー ゲーマーモール)

25ドルカード = 2,615円 + カードの値段ごとの手数料

注意
※ 2020年9月23日よりPayPal非対応になりました

10年以上の歴史があるマレーシアの会社。

以前はPSストアカードが一番安かったのですが、Paypalからクレジットカード決済に変わって手数料が上乗せされるようになってしまいました。

一応業界2、3番手ぐらいには安いです。

サイトは機械翻訳。

値段が1ページにまとめてあって見やすいのが特徴。

メンバー登録にはSMSが受信できる携帯電話が必要です。

台湾ではMy Cardというプリペイドカードが普及しており、向こうのゲームをプレイする人にとってはお馴染みのショップでもあります。

全て機械処理なので、支払い後すぐにコードが到着するのは助かりますね。

Paypal非対応になってしまったのがかなりの痛手なのですが、代わりにクレジットカード支払いが追加されています。

番号が流出してもいいようなプリペイド式のクレカ(KyashVプリカなど)にチャージして使うとよいでしょう。

 

PC GAME SUPPLY(ピーシーゲームサプライ)

25ドルカード = その日のレート + 手数料

こちらも古くからPCゲーマーが利用する老舗です。

商品ページのURLは逐一変わるのでトップからアクセスしてください。

カートに入れてから手数料が分かるので、額面通りの値段でないことに注意しましょう。

オール英語ですが、北米PSNアカウントを取れるぐらいの人なら問題ありません。

注文の際にSMSが受信できる電話番号が必要です。

支払いはPaypalでOK。

ネット上でのトラブルはあまり見かけませんが、私は購入処理がキャンセルされることが多いのでこのショップは利用してません。

 

OffGAMERS(オフゲーマーズ)

25ドルカード = 2,534 + (手数料3.49% + 40円)= 2,662円

こちらも15年以上の運営歴があるシンガポールの会社です。

登録にはSMS認証が必要。

サイトはグーグル機械翻訳。

MicrosoftやNetflixといった大手企業にしか導入できない「Adyen」という決済システムを採用しているので、そういった部分では安心できるでしょう。

一見クレジットカードの支払に見えますが、決済時にPayPalに飛びます。

最近は20ドルカードも取り扱うようになりました。

全てオートメーションなのでコードもすぐ送られてきます。

 

Q. OffGAMERSでカード購入したんだけど、コードはどこに書かれているの?

A. まずサイトにログイン後、購入履歴を見れるページへ飛びます。

そして「ORDER #」という項目の番号をクリックすると「ORDER DETAIL」というページにたどり着くので、画面真ん中あたりまでスクロールしましょう。

gamecode

GAME CODE

画像のようなGAME CODEという項目があるので、あとは「Show Code1」をクリックすればコードが出てきます。

それをPS4本体から北米PSストアにアクセスして入力すればOK。

 

以上、5店のカード価格比較

2020年12月時点、25ドルPSNカードの価格比較表です。

店名手数料込みの値段
Play-Asia2,797円
Infinity Game Codes3,050円
SEA Gamer Mall2,721円
PC GAME SUPPLY2,798円
OffGAMERS2,662円

ショップのサイトをしばらく見ない間に手数料が変わっていたりするので、詳細は自分の目で確認してください。

 

海外通販サイトアカウント取得の注意点

適当な名前と住所で登録して大丈夫です。

ただ「ありそうな架空の日本人の名前」「架空の住所だが実在する郵便番号を使う」ぐらいはしておきましょう。

ZIPが郵便番号記入欄になります。

何かトラブルがあったときにサポートに連絡する必要があるので、ここで入力した内容をメモしておくといいですね。

生年月日は一切変更できなかったりするので慎重に入力しましょう。

パスワードを覚えていても誕生日を聞かれたりします。

 

「どのショップがいいの?」まとめ

以上、数年間運営歴がある利用報告が何件かあるショップに絞って紹介してみました。

  • 皆が利用してるから安心 – > 【プレイアジア
  • 少しでも安く買いたい – > 【OFFGAMERS
  • 全て日本語でやり取りしたい – >  【Infinity Game Codes
  • 何もかも不安 – > 【amazon.co.jp】

 

海外のゲームを購入

あとはPS4を立ち上げて北米アカウントから本体にログインして、ストアにコードを入力しにいきましょう。

ウォレットにチャージが済んだら、あとはゲームを探して購入するだけです。

ダウンロード完了後、日本のメインアカウントに切り替えてからゲームをプレイしましょう。

当サイトでは北米版ソフトのトロフィー攻略もぼちぼち行っています。

 

購入したゲームが動かない

Q.ゲームのアイコンに鍵マークがついていませんか?

A.その場合は一度北米アカウントで起動してから、日本の方に切り替えます。

 

Q.「いつも使うPS4として登録する」にチェックは入っていますか?

【設定】 → 【アカウント管理】から行います。

国内、海外アカウントの両方で設定してください。

 

あとがき

「PSNカード」のデザインが変わって「PSストアカード」になったので表記を合わせました。

大体この5店で事足りると思うので、自分の重視する点に合わせて購入するとよいと思います。

MEMO
最近はPS5発売の調整のせいか、amazonにPS4本体と北米PSストアカードが入荷されなくなりました
  1. 言語設定があるかはソフトによります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。