TGS2020記念セールからトロフィー記事を抜粋

『State of Play 2020.8.7』が公開

state of play8月

『State of Play 2020/8/7』が公開

「『The Last of Us Part II』 – State of Play」以来、約3ヶ月ぶりにステート・オブ・プレイが公開になりました。

今回ハードウェアに関する発表はなし。

ソフトメーカーとインディーゲーム中心と告知がされていたものです

複数タイトルの発表は去年の12月以来でしょうか。

『クラッシュ・バンディクー4 続報』

初代PlayStationから続くアクションゲーム。

シリーズの悪役だったディンゴダイル、ネオ・コルテックスが操作可能になることが発表されました。

日本では既に4、5が出ているのですが、海外の原題では元々ナンバリングタイトルではなかったので、改めて4がつけられた形になりました。

ノーティドッグが作ったのは初期3部作のみなので、改めてそこからの続編というわけですね。

『ヒットマン3』VR対応が発表

PS5 / PS4で2021年1月発売予定。

今月からPS Nowでも2がプレイ可能になりました。

発表に合わせてきた感じでしょうか。

箱庭感が素晴らしいソフトなのでVR映えしそうです。

『Braid, Anniversary Edition』Braidのリマスターが発表に

2021年にSwitchやXboxOneでも発売されるマルチタイトルです。

日本では10年以上前に出たアクションパズルゲームで、アンチ横スクロールともいえる内容が当時衝撃的な作品でした。

『The Pathless』ゲーム画面公開

ABZUの製作者が送るPS5向けオープンワールドアドベンチャーゲーム。

やはりABZUと同じで独特の雰囲気が漂う本作ですが、なんとマップ表示がないことが予め発表されているので、相当練り込んだゲームデザインで勝負してくるようです。

スペランキー2が9月15日に配信決定

元々フリーゲームだったスペランキーですが、オンラインプレイなど新要素を盛り込んでコンシューマでの発売が決定。

かなり制作が難航していることがアナウンスされていましたが、突然配信されるとは思いもしませんでした。

タイトルや内容から「スペランカー」の影響を感じる本作ですが、そこまで主人公が虚弱というわけではありません。

まぁ、すぐ死ぬところはあまり変わりませんが…。

『原神』のゲームプレイトレーラーが公開

SwitchやPCでも発売されるオープンワールドアクションRPGゲーム。

発売は今秋予定。

『ゼルダの伝説BotW』と似ているという指摘がされる本作ですが、開発者も影響は認めています。

「崩壊3rd」と開発元が同じということもあり、どちらかといえばコンシューマにそちらの元素システムを持ち込んだような作りになっています。

あとレベル制で4人プレイというところもデザインが違う部分でしょうか。

Aeon Must Die!

ダークヒーローが銀河規模の戦いに身を投じるアクションゲーム。

何やら開発元にトラブルがあったようで、動画の概要欄から元スタッフの告発資料が閲覧できるようです。

『ANNO: Mutationem』

3Dグラフィックの背景に、2Dグラフィックのヒロインという面白い構成のアクションアドベンチャーゲーム。

中国のディベロッパーですが、ディレクターは日本の方です。

12月発売予定。

『BUGSNAX』

半分虫、半分スナックという凄い設定の生物が生息する島を冒険する、アクションアドベンチャーゲーム。

年内発売予定。

『Vader Immortal: A Star Wars VR Series』ダース・ベイダーのVRゲーム

オキュラスでは既に配信されている、スター・ウォーズを題材にしたVR作品。

8月25日配信予定。

『CONTROL』DLC、EXPANSION 2 AWE

SEKIROとゲーム・オブ・ザ・イヤーを争ったアクションアドベンチャーゲーム。

DLC第2弾が8月27日より配信開始。

『Auto Chess』PS4版発表

スマホでおなじみの8人制バトルロワイヤルチェスゲーム「AUTO CHESS」がコンシューマに初進出。

10月31日配信予定。

『The Pedestrian』

非常口の人(ピクトグラム)が活躍するアクションパズルゲーム。

2021年1月配信予定。

『Hood: Outlaws & Legends』

中世の時代のギャングを描くアクションゲーム。

プレイヤーは全て悪人のみ操作可能。

Xboxとのマルチタイトルで、2021年発売予定。

『Temtem』

開発者も影響を公言していますが、見るからにポケモンなRPG。

『御三家』や『博士』の概念もそのままです。

バトルはスタミナ制、ゲームシステムは常時オンラインのMMORPGであり、もちろん完全に本家そのままというわけではありません。

『Godfall』

『ボーダーランズ』開発のGearboxが送るPS5ロンチタイトル。

今回はプレイ画面を公開。

あとがき

発売予定タイトル中心、ハードウェアに関する発表はなしと事前に告知されてはいたものの、物足りなさを感じたユーザーが多かったようで日米とも低評価が目立つ発表会になりました。

ジョン・カビラさんのナレーションが欲しい
created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥37,000 (2020/09/28 11:22:52時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。