PS Indiesからトロフィー記事を抜粋

『2,000円以下セール』からトロフィー攻略記事をピックアップ(2/3まで)

2000円セール

『2,000円以下セール』からトロフィー記事を抜粋

毎週火曜日はセール更新の日。

今週からは新たに『2,000円以下セール』がスタートしています。

開催期間は1月19日から2月3日までの約2週間。

基本的には値下がりしたAAAタイトルが多い感じでしょうか。

それでは

寒波が来ているので家でトロフィー取りませんか?

ということで、セール品の中からトロフィー攻略記事がある作品をピックアップしてみました。

価格表記はPS Plus会員向けです。

今回は数が少ないので、別枠でトロコンした作品の雑感も載せておきます。

※ 追記:バイオハザードセールが開催されたので追加しています。それに伴って2000円以上する作品を載せているので注意してください。

 

PS4 セール

BIOHAZARD RE:3(バイオハザード RE:3) : 2,964円

『バイオハザード RE:3』プラチナトロフィー取得の手引き【25時間以内】 『バイオハザード RE:3』プラチナトロフィー取得の手引き【25時間以内】

前回と同じ値引率。

RACCOON CITY EDITION Z version』というRE:2とRE:3が一緒になった割引セットもあるので注意してください。

PSストアリンクはCERO:Z ver。

RESISTANCEも同時収録でトロフィーも別々です。

難易度は5段階中 / ★2.5。

トロコン所要時間は約25時間。

最高難易度のラスボスが倒せるどうかの1点です。

それ以外は難しくありません。

 

RACCOON CITY EDITION Z version : 4,316円

バイオハザードRE:2とRE:3のセット。

RE:3トロコンの記事は以下。

『バイオハザード RE:3』プラチナトロフィー取得の手引き【25時間以内】 『バイオハザード RE:3』プラチナトロフィー取得の手引き【25時間以内】

 

PsychoBreak 2(サイコブレイク2) : 1,344円

サイコブレイク2 『サイコブレイク2』プラチナトロフィー取得の手引き【公式無敵チート】

三上真司プロデュースのサバイバルホラーゲーム。

まさかの公式チート配布により、トロコン難易度は劇的に低下しました。

難易度は5段階中 / ★2.2。

所要時間は35時間ほど。

最初からチートを適用した場合、20時間もかからないと思います。

 

トロコン雑感

管理人がトロコンしたけど攻略記事にしていないゲームの雑感です。

ASSAULT GUNNERS HD EDITION コンプリートセット :  529円

難易度は5段階中 / ★2.1。

所要時間は12時間ほど。

DLC含めた100%は+10時間。

激安アーマード・コア、といった感じのアクションシューティングゲーム。

難易度イージーにして強力な武器を撃っていれば大体OKです。

DLCまでトロコンだと「レベル50にする」という実績が結構面倒でした。

Vita版は本体が2台必要というオンラインより面倒なトロフィーがありましたが、PS4版では削除されています。

 

inFAMOUS Second Son : 985円

難易度は5段階中 / ★2.2。

所要時間は20時間ほど。

『ゴーストオブツシマ』を開発したサッカーパンチが出掛けた超能力アクションゲーム。

TPSとしてもアクションとしても単調で飽きる部分はあるものの、2014年で既にこれだけ美しいオープンワールドを作り上げていたのはやはり驚嘆に値するでしょう。

善と悪ルートを制覇するために2周する必要があります。

難易度ハードでないとトロフィーが取れませんが、ノーマルと違いが分からないレベルなので大丈夫です。

 

inFAMOUS First Light :742円

難易度は5段階中 / ★2.1。

所要時間は8時間ほど。

『インファマスセカンドサン』のDLC。

ただしこのソフト単体で動作します。

アリーナの人質を助けるミッションが難しいぐらいで、他は簡単です。

デルシン(前作主人公)は煙からエネルギーをチャージする必要がありましたが、フェッチ(本作主人公)はネオンからチャージできて能力も優秀なので、あまり苦戦する部分がありません。

 

今週の1本(UFC 4 ~1/27 火) : 4,959円

不定期に開催される今週の1本。

今週は『UFC 4』です。

トロフィー難易度は5段階中 / ★3.2。

所要時間は約30時間以上。

北米の総合格闘技「Ultimate Fighting Championship」を題材にしたゲーム。

格闘団体が乱立していてよくわからないといった場合、とりあえずこの世界最大規模の大会であるUFCを見ておけば大丈夫です。

この数年であっという間に海外ではメジャーな格闘技団体に発展しました。

実在の選手が登場してそのまま使えるため、UFCにハマってWOWOWで見ている人ほど楽しいソフトであるとも言えますね。

過去作には桜庭和志や堀口恭司が参戦していたのですが、今回日本人ファイターは残念ながらいません。

選手のグラフィックと動きは素晴らしいのですが、操作が複雑で覚えることが多く、初心者にはかなり敷居が高いかと思います。

下位リーグでやればいいとはいえ、オンラインで4連勝するトロフィーもあります。

トロコン狙いなら気合を入れていきましょう。

ちなみにセール品は通常版です。

つい1月19日までデラックスエディションが40%offセールでした。

海外大手は各エディションを回しながらセールをすることが多いです。

ブルース・リーといったレジェンドが使えるので、魅力を感じるならそちらの方ですね。

 

あとがき

今年の1発目のセール。本年もよろしくお願い致します
created by Rinker
BANDAI
¥4,380 (2021/02/27 13:18:59時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。