『TGS Sale』からトロフィー攻略記事を抜粋

amazonでPayPayが使用可能に。アプリからの設定やポイント2重取りを解説

paypayamazon

amazonでPayPay支払いが解禁に。公式PRもポイントの2重取りを推奨

2022年5月10日からamazonにて、キャッシュレスサービスPayPayが利用可能になったことが発表されました。

この手のサービスに詳しい人なら「amazonポイントとPayPayポイントが両方もらえておいしいのでは?」と頭に浮かんだと思います。

なんとその考えに先回りするかのように、プレスリリースで既に答えてくれているというサービスぶり。

公式としても積極的に活用してほしい感じがうかがえます。

とりあえず、どうやって連携してどう使えばいいのかを詳しく解説していきましょう。

まずはPayPayで本人確認をする

amazonで商品を買う前にやることがあります。

まずはPayPayアプリを起動して本人確認を済ませておきましょう。

  1. ホーム画面の[アカウント]を選択
  2. 右上の[詳細]を選択
  3. [本人確認・口座認証]を選択
  4. 本人確認・口座認証の項目が「完了」になっている場合、設定作業は不要
  5. 運転免許証かマイナンバーカードを選択
  6. 手順を確認し[はじめる]を選択
  7. 年齢を選択
  8. 職業を選択
  9. ご利用目的を選択
  10. 署名用電子証明書暗証番号を入力します(暗証番号は6桁〜16桁の英数字)
  11. 運転免許証かマイナンバーカードのICチップをスキャン
  12. 氏名を入力
  13. 国籍を選択
  14. 申請内容を確認
  15. 1日ほど待つ
  16. 本人確認の申請が完了

本人確認が終わったら準備完了です。

続いてPayPayアプリがインストールされた端末で、amazonショッピングアプリを起動してください。

 

amazonアプリにPayPay支払いを登録する

amazonショッピングアプリからPayPayを登録する

  1. アプリを立ち上げる。画面下の左から2番目、人型アイコンをタップ
  2. 支払い&住所欄の1番目、[お支払い方法を追加]を選択
  3. カード&アカウントの右側に見える[ + 追加 ]をタップ
  4. [PayPayアカウントを追加]を選択 > [PayPayアカウントを追加]を選択
  5. 認証中。画面が切り替わるのを待つ
  6. [上記に同意して続ける]を選択。※ ここで本人確認が終わっていない場合はエラーが出る
  7. 連携が完了。[ご利用中のサービスに戻ります]を選択

これで連携は完璧。

クレカがなくとも即支払い完了 → 即出荷作業に突入という、商品発送コンボが体験できるようになります。

 

PayPayだと買えないものとかあるの?

  • Amazonギフト券
  • デジタルコンテンツ
  • ライフ/バローでのご注文
  • Amazonフレッシュでのご注文
  • Amazon Payご利用分のお支払い
  • 定期おトク便のご注文
  • Amazonビジネスでのご注文

さすがに「amazonギフト券を買ってポイント3重取りよ!」みたいなことはできません。

また「PlayStationストアチケットを買えばPayPayポイントだけでも還元」みたいなこともできません。

その辺も注意ですね。

Amazonギフト券、Amazonポイントとの併用はできない点にも十分気を付けてください。

Q & Aを交えて雑感など

Q. PayPayをamazonに登録できないんだけど?

PCからは登録できません。

またPayPayアプリがない端末からも受け付けてはくれません。

PayPayアプリをインストールしたスマホからamazonショッピングアプリを立ち上げてください。

あとはアカウントから支払い方法に飛んでPayPayを追加。

Q. 結局お得なの?

A. 現金で商品を買うよりはもちろん得です。

PayPayの基本還元率は0.5%で、利用回数や利用金額によって還元率が最大1.5%となります。

現金をギフト券チャージしたらプライム会員前提ではありますが1.0% ~ 2.5%還元されます。

学生でクレカ作れない人や現金派の人は、とりあえずPayPay導入かギフト券チャージから始めてみましょう。

ここからキャッシュレスに興味持ったら、更に還元率のいいクレカに乗り換えるといいです。

amazonではd払いなどのキャリア決済を駆使して、dポイントやamazonポイントをひとまずもらう。

続いて月末の支払いをクレジットカードにすれば、dポイント + amazonポイント + クレジットカード還元と3重取りも可能になります。

消費税10%をキャッシュレスのポイント還元で何とか相殺していきましょう。

災害のために現金を置いておくという人も、普段の支出は一時的にキャッシュレスに切り替えるのをおすすめします。

あとがき

キャッシュレスを駆使してゲームソフトを購入。

すっかり現金を直接使う機会が減りました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。