トロびぼ

PlayStation実績システム「トロフィー」記事と自分用メモ

『ターミネーター サルベーション』プラチナトロフィー取得の手引き

f:id:asukageot:20190622015342j:plain

  • 全トロフィー取得時間:約6時間分
  • ゲームショップで600円(中古)
  • 難易度:2.5/ 5段階中
  • 時限要素:なし
  • 備考:北米版&日本版共通トロフィー

 

 

 

『TERMINATOR SALVATION(ターミネーター サルベーション)』プラチナトロフィー攻略

発売当時はトロフィー愛好家に愛されたゲームであることは知っていたが、今更ながらプレイ。

ターミネーター:ニュー・フェイト』公開記念、ということでもなく単に中古(北米版)が安く売っていたので。

ゲーム購入は新品かダウンロード版を心がけているが、これは新品を見かけない、もしくは高いので許してほしい…。

 

日本では『ターミネーター4』として公開された映画は、原題が『ターミネーター サルベーション』となっている。

つまりT4のゲームということになる。

映画の2年前が舞台ということで原作の俳優も多く出ているが、肝心のジョン・コナーことクリスチャン・ベールが出ていない。

リベリオン

 

事前知識

DUALSHOCK 4(有線)が何故か認識されなかった、ので久々に3を使用。

トロコンに「〇〇収集」という条件もなく、単純に難易度ハードでクリアすればいいだけ。

普通のTPSはじっとしていれば体力が回復するが、このゲームは特定のポイント、もしくは敵殲滅でしか回復しない。

味方がイベント以外では死なないので、戦闘を任せるのも手。

武器は二つ持てるので、片方にはエアロスタット対策としてショットガンを常備しておく。

 

プレイ時間こそ短いが、難易度は結構高めなので注意してほしい。

第1章と5章さえ抜ければあとは楽。

二人用環境が整っている場合はぜひCo-opで。

 

以上を覚えておこう。

第1章「2016年 ロサンゼルス」

最初の人型ターミネーター(T-800)は無視して進む。

戦闘ヘリ(ハンターキラー・HK)はRPG4~5発ほどで沈む。

問題は次のカーチェイスパート。

 

難所:機械軍を回避しろ

HKを撃ち落とした後のトンネル。

まずはワスプ(エアロスタット)を迅速に殲滅。

続いて車両にひたすら撃ち込む、その後再び沸いたワスプを破壊。

右スティックエイムがやり辛く、すぐ味方車両が破壊されるために何度もやり直すハメになる。

第1章からまさかのリトライ地獄だが、繰り返すがここと5章ぐらいなので本当に耐えるべし。

 

第2章「救出作戦」

激戦も終わり2章へ。

榴弾が解禁となる。

スパイダーに行く手を阻まれるが、背中のバッテリーを撃つか、味方に任せるかで排除。

ビル屋上スパイダー戦後、出現する巨大ターミネーターハーベスター)は無視で先に進もう。

 

第3章「新たな仲間」

そこそこの難所。

まずは仲間の右側を陣取りながら走って盾になってもらい、階段を昇って奥の机へ。

続いてT-800が追ってくるので階段付近で普通の手榴弾+ライフルで撃破。

その後、すぐパイプ爆弾を回収して左側・目の前の2体に投げる。

 

第4章「展望」

T-600(スキンジョブ)2体(初対面でブレアが人間と間違えた方)と広場でバトル。

味方の2人を先行させ、そちらにターゲットが向いてる隙に撃つ。

近寄られると即死なので常に距離を取る。

他所を向いてるときに撃つ→こっち向く→銃撃止め→他所を向いてるときに…

以下ループ。

 

第5章「地下」

地下街の後、爆薬護衛ミッション。

M2重機関銃、武器と攻撃手段が豊富にあるので惜しまず使っていく。

少し長いが難しくはない。

 

難所:列車を守れ

右スティックエイム再び。

今度はRPGを使用するため、リロードがかなり長い。

遠目で撃ってリロードタイムを頻発させるよりは、敵が目の前に来たところを確実に撃ち落としていく。

弾道を考えて敵より手前に撃つと丁度良い。

 

プラットフォームでの小休止を挟んで再び「列車を守れ」が発生。

こちらはそれほど難しくないので一安心。

 

難所:高速道路までスクールバスを護衛しろ

やられながら敵の出現場所の暗記を。

バスは紙装甲なのですぐ墜ちる。

あらかじめ現れる場所に先にカーソルを置いておくぐらいがベスト。

先ほどの列車護衛よりは弾を当てやすいはず。 

ここを突破できたらほぼプラチナと思ってよい。

 

第6章「地上へ」

グレネードランチャー解禁。

強い武器の解禁と、短いステージも相まって拍子抜け。

 

第7章「アンジー

戦車ステージ。

ジョン・コナーが「戦車がもたない」と言い始めるシーンがラスト。

上空にハンターキラーHKが2機飛んでいくので、急いで右の方をミサイルで撃破。

続いてガトリング砲で右側のT-600、スパイダー、正面T-600の順で撃墜。

更に右側の砲台をミサイルで堕とした後、正面スパイダーをガトリング砲でいなしつつ、ミサイルゲージが復活したらHKや砲台に撃ち込む。

 

第8章「命の重み」

いよいよ終盤。

グレネードランチャーとパイプ爆弾とグレネードを駆使して進む。

強力な武器がなくなった場合のみライフルで。

第9章「抵抗軍のために」。

ラストステージ。

ターミネーター達がしゃがみ込み、ジョン・コナーが「全パイロットにつぐ」と言い始める辺りが最後。

ここで敵を相手をせずに一直線に走る。

 

あとがき

f:id:asukageot:20190625025321p:plain

プレイ時間は短いけど、難易度は高い。

「あっという間にプラチナ!」「いやロード長いしよく死ぬし…」

あたりで難易度1~2の揺れがありそうなタイトル。