TGS2020記念セールからトロフィー記事を抜粋

『1,500円以下セール』からトロフィー攻略記事をピックアップ(9/15まで)

1500円以下セール

『1,500円以下セール』からトロフィー攻略記事をピックアップ

他の開催中セール:秘蔵の名作セール
毎週水曜日はセール更新の日。

まだ『秘蔵の名作セール』が先週に引き続き開催されていますが、今週からは新たに『1,500円以下セール』『Essentials Picksセール』がスタート。

期間は9月2日から9月15日までです。

少し前の大作と昔の小粒な作品にスポットが当たっているセールですね。

アケアカも5作ほど半額になっています。

それでは

台風が怖いので家でトロフィー取りませんか?

ということで、セール品の中からトロフィー攻略記事がある作品をピックアップしてみました。

価格表記はPS Plus会員向けです。

PS4セール

タスクフォース カンパス : 390円

タスクフォース-カンパス 『タスクフォース カンパス』プラチナトロフィー取得の手引き【30分で完了】

レトロ風・縦シューティングゲーム。

難易度は5段階中 / ★1.5。

トロコン所要時間は約30分。

最近ようやくVita版もリリースされましたが、クロスバイ対応作品ではないので注意してください。

Shadow of Loot Box : 305円

Shadow of Loot Box 『Shadow of Loot Box』プラチナトロフィー取得の手引き【3時間以内】

非常にシンプルなFPS。

難易度は5段階中 / ★1.8。

所要時間は3時間ほど。

現代のゲーム業界を皮肉ったネタが満載です。

Vostok Inc. : 422円

『Vostok Inc.』プラチナトロフィーの手引き【25時間以内】 『Vostok Inc.』プラチナトロフィーの手引き【25時間以内】

クリッカー + シューティングゲーム。

工場設置→勝手に稼いでくれる→クリックして工場を更に大きくする→エンドレスというクリッカー要素と、稼いだお金で自機を強化してシューティングゲームに挑むという2つの要素を融合したゲームです。

最高にハマった後にすぐ飽きるというようなゲームデザインなので、プラチナを取ると決めたら突っ走ってください。

Vita版は今回セールの対象ではありません。

難易度は5段階中 / ★2。

所要時間は25時間ほど。

一部ミニゲームのトロフィーが難しい感じでしょうか。

架け橋ゲームズの翻訳が素晴らしいです。

Red Derth : 325円

Red Death 『Red Death』プラチナトロフィー取得の手引き【20分で完了】

縦スクロールシューティング。

難易度は5段階中 / ★1.2

所要時間は20分ほど。

コツを掴むまで少しだけ難しいかもしれません。

Project Starshipシリーズのプロローグに当たる作品だそうです。

Duke Nukem 3D: 20th Anniversary World Tour : 566円

『Duke Nukem 3D: 20th Anniversary Edition World Tour』プラチナトロフィーの手引き 『Duke Nukem 3D: 20th Anniversary Edition World Tour』プラチナトロフィーの手引き

DOOM64のようなレトロFPS。

難易度は5段階中 / ★1.5

所要時間は3時間30分ほど。

何とチートメニューが公式で用意してあり、トロフィーにも「チートコードを使う」という項目があるほどチート推しの作品です。

無敵、壁抜け、鍵入手、ステージセレクトとありとあらゆるチートを駆使してトロフィーを回収していきましょう。

PS VRセール

イモータル・レガシー 不滅の禍【PS VR版】 : 875円

『イモータル・レガシー 不滅の禍』プラチナトロフィーの手引き【PSVR版・未完】 『イモータル・レガシー 不滅の禍』プラチナトロフィーの手引き【PSVR版・未完】

ごめんなさい、記事未完です。

ノンVR版ことコンソール版も出たアクションアドベンチャーゲーム。

ごった煮、といった感じでパズル・女の子・ロッククライミング・シューター・ホラーと様々なVR経験ができて楽しいです。

ただ、move2本の操作が難しく苦戦必至なので、トロフィー的にはコンソール版を選んだ方がいいでしょう。

発売当初は実績解除の条件が明らかにされておらず、手探りでプレイしていました。

現在はアップデートによりトロフィー説明文に獲得条件が書いてあります。

【セール終了】今週の1本(BAYONETTA&VANQUISH ~9/8 火) : 2,852円

不定期に開催される今週の1本。

今回は『ベヨネッタ&ヴァンキッシュ』です。

ジャンルはクライマックスアクション&ハイスピードシューターですね。

ソフト1本分の値段でトロフィー2本分(プラチナ2つ)ついてくるのでお得感があります。

『ベヨネッタ』は元々プラチナゲームズがXbox360版のみを制作、PS3開発のノウハウがなかったために移植を断念した経緯がありました。

代わりにセガがネクスエンタテインメントに依頼する形でPS3への移植が実現、何とかマルチ販売に漕ぎ着けています。

しかし蓋を開けてみればPS3版は画質が悪くロードも長い、フレームレートはガタガタとxbox360版と比べて散々な出来。

大作アクションゲームの手触りが悪いというのは致命的で、しかもPS3版の方が売れてしまったために大炎上を巻き起こしました。

当時ユーザーは内情を知るはずもなくセガとプラチナゲームズに批判が集中、後にプロデューサーの稲葉氏も「あれはプラチナ最大の失敗」と振り返るほど悔いの残る出来事であったと語っています。

その反省からか次作『ヴァンキッシュ』はプラチナゲームズ単独でPS3 / Xbox360の開発を担当。

差がでないようにPS3版から作るという徹底ぶりで、その後ベヨネッタの炎上は風化していきました。

なので今作はただのリマスターではなく、リベンジ的な意味合いを持つソフトでもあります。

BAYONETTAのトロフィーについて

まずVery Easyをクリアし、初心者向け救済アイテム「永遠なるマリオネット」を手に入れましょう。

これは高難易度にも持ち越せるので本編攻略が格段に楽になります。

そして問題はアルフヘイム攻略。

各ステージにある「お題に挑戦」モードみたいなもので、ぎりぎりクリアできないようなシビアな設定になっています。

難易度は5段階中 / ★3。

所要時間は20時間~ほど。

VANQUISHのトロフィーについて

難易度NORMAL以上でクリアすると「タクティカルチャレンジ」が解放されるのですが、これが最高に難しいです。

PS3版にはグレネードを投げている間に左を押すと残数が減らない、という無限EMPバグというものがありましたが、これを使っても難しいには変わりなく…。

ゲーム自体は唯一無二のTPSだと思っているぐらい楽しいので、トロフィーを狙うかどうかでまた感想が変わってくるのではないでしょうか。

難易度は5段階中 / ★4。

所要時間はリトライしまくった回数によります。

Essentials Picks セール(9/15まで)

セール対象品の中にうちのサイトにあるタイトルはありませんでした。

「Essentials Picks」と北米そのままのタイトルでセールをやっていますが、意訳で「大事なおすすめ品」という感じでしょうか。

「秘蔵の名作」とかしっくりくる日本語がなさそうですね。

新旧の大作からモンハンのDLC、東方まであるので覗いてみてはいかがでしょうか。

【セール終了】『Zero Strain』が20%offに(~9/3)

Zero Strain 『Zero Strain』プラチナトロフィー取得の手引き【1時間30分ほど】

新作ながら『Zero Strain』がPS Plus会員向けに20%offの割引セールを行っています。

税込800円。

ジャンルは全方位シューター。

難易度は5段階中 / ★1.5。

所要時間は1時間半ほど。

プラチナトロフィーを取るまでなら楽しい一作。

【セール終了】『きたのたましい』が20%offに(~9/3)

新作ながら『きたのたましい』がPS Plus会員向けに20%offの割引セールを行っています。

税込2025円。

きつねゲーです。

元々「Spirit of the North」のタイトルで実況が盛んな本作でしたが、いつの間にか日本語版が出ていました。

トロフィーは取りやすいそうなので、もふもふついでにコンプリート狙ってみるのも楽しそうです。

あとがき

夏も終わりで少し寂しいです
created by Rinker
¥6,380 (2020/09/28 00:43:19時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。