PS Indiesからトロフィー攻略記事を抜粋

『Sifu』他、今週発売のPS5・PS4タイトル【2022年2月第2週】

Sifu

今週発売のPS5タイトル

【2/10(木)】パッケージタイトル

【2/8(火)】ダウンロード専用タイトル

タイトル 価格 サイト
Sifu 4,180円 [ 公式 ]
オリオリワールド 3,300円 [ 公式 ]
Rumbleverse(先行アクセス版) 基本無料 [ 公式 ]

【2/10(木)】ダウンロード専用タイトル

タイトル 価格 サイト
Super Sami Roll 1540 円 [ 公式 ]
Breakout: Recharged

今週発売のPS4タイトル

【2/10(木)】パッケージタイトル

【2/8(火)】ダウンロード専用タイトル

タイトル 価格 サイト
Sifu 4,180円 [ 公式 ]
オリオリワールド 3,300円 [ 公式 ]
Rumbleverse(先行アクセス版) 基本無料 [ 公式 ]

【2/10(木)】ダウンロード専用タイトル

タイトル 価格 サイト
Rise of the Third Power 1,540円 [ 公式 ]
Breakout: Recharged 2,200円

今週のゲーム割引セール情報

今週発売ゲームの見どころ紹介

  1. 闇のカルト教団に立ち向かうべく、AIを有した戦闘機で戦う3DSTG。スピード感がやばい『CHORUS (コーラス)』
  2. パッケージ版も発売。2021年7月のフリープレイ作品。今年に続編も発売予定。フランス版ラスト・オブ・アスの雰囲気もある『プレイグ テイル -イノセンス-』
  3. アーリーアクセス版配信トラブルも、現在は無事復帰。敵にやられるたびに老いていくベルトアクションゲーム。エルデンリングとの競合を避けるために2週間を前倒しした『Sifu』
  4. オリオリシリーズ3作目。ずいぶんアートワークが可愛くなった横スクロール型スケボーアクション。シーズンパス付きの『オリオリワールド』
  5. 40人で格闘。リリースされる全てのプラットフォームでクロスプレイ可能。基本プレイ無料の『Rumbleverse』
  6. 『マーブルマッドネス』と『スーパーモンキーボール』に影響を受けたというACT。N64やドリキャス期の3Dゲームに見える『Super Sami Roll』
  7. ブロック崩しの元祖タイトルを現代風にアレンジ。ATARI社が大ヒット作品をリメイクするのはこれで5作目『Breakout: Recharged』
  8. SFC期のドット絵JRPGに欧米の要素をプラス。見た目は日本のコマンド制RPG、でもオートセーブ搭載、ストーリーは政治情勢が中心という『Rise of the Third Power』

購入予定&あとがき

続編『プレイグテイル レクイエム』は今年発売予定です。

『Sifu』楽しそうですね。

『Super Sami Roll』『Rise of the Third Power』辺りも手を出したかったのですが、おとなしく今月後半のラッシュに備えることにします。

散財の月!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です