夏ゲームフェスからトロフィー攻略記事を抜粋

『Jet Moto』プラチナトロフィー取得の手引き【約2時間で完了】

Jet Moto

ゲーム&トロコン概要
プラチナ達成時間 約2時間
値段 1,100円(PS Plusプレミアム対象作品)
難易度 1.6 / 5段階中
時限要素 なし
備考 機体制御のチートコマンドを使う
PSストアリンク Jet Moto

なんでもあり!思わず舌打ちしちゃう混沌系エクストリームスポーツ『Jet Moto』(ジェットモト)概要

SingleTrac開発、SCE(現SIE)販売のエクストリームスポーツレーシングゲーム。

原作は1996年に発売され「ありとあらゆるスポーツを網羅する」というコンセプトの元に制作された、何でもありのレーシングゲームです。

一見、水上スキーのイメージがあるJet motoですが、実際は水陸空中全ての悪路を走るモンスターレースマシンとして設計されています。

本作にはエクストリームスポーツ界に欠かせない広告も登場しており、チーム名もMt.Dew(マウンテンデュー【AA】)やButterfinger(バターフィンガーキャンディ【AA】)などのスポンサーを冠したメンバーを選んで戦う必要があります。

(プロ野球でいうところの”ヤクルト”スワローズや”ソフトバンク”ホークスということ)

発売当時はニンテンドー64ソフト『ウェーブレース』と時期が被ってしまい、レトロゲーマーの間ではどちらが優れているか論争になったりすることがありますね。

こちらはとにかく操作が難しく、コーナリングよりも重心の移動がポイントになるため、似て非なるゲームというところでしょうか。

コースのあちこちに磁石のブイやポールが設置されており、レース中は慣性を利用してコーナーを曲がり切る必要があります。

最初は全く操作できなくて戸惑うかもしれませんが、徐々に慣れていくことにしましょう。

本作『Jet moto』はPS5、PS4、Switchにて配信中。

日本語のローカライズはなし(英語表記のみ)。

PS5 & PS4のクロスバイ対応作品。

トロフィーのリージョンは全世界共通となっています。

操作説明

操作説明

ボタン配置
方向キー左・右 左右へ曲がる
ボタン 決定、マグネティックグラップル発動
×ボタン キャンセル、アクセル
ボタン ブレーキ
ボタン ターボ
L1・R1ボタン 急カーブ
L2・R2ボタン 重心の移動
タッチパッド右側 STARTボタン
タッチパッド左側 SELECTボタン
OPTIONSボタン 巻き戻し

 

事前知識

累計30レースをこなす必要があるため、途中はそれなりに失敗してもよい

最後に残るトロフィーとして「累計30回レースを完走する」が挙げられます。

これはラストに何度も同じコースを周回する羽目になる実績ですね。

そういうわけで途中は神経質になり過ぎず、レースに勝てなくてもデータを巻き戻さなくていいです。

とりあえずそのまま完走するようにしてください

躓き(つまづき)やすいのは最初の20分だけ。あとは操作に慣れてくる

最初のコース「JOYRIDE」と2番目のコース「HAMMERHEAD」まではいいのですが、3番目のコース「CYPRESS RUN」あたりから壁に激突して泣きそうになります。

こんなんまともに走れるか!!という感じではあるのですが、ボタンのグラップリングフックを決められるようになれば、ランキング上位に食い込むことも余裕になっていきます。

ちょっと投げ出さずに頑張ってみませんか。

赤いポールの前でマグネティックグラップル(〇ボタン)を決める

赤いポールの前でグラップリングフック(〇ボタン)を決める

コーナーの手前に画像のような赤いポールが設置してあることがあります。

これはボタンを押しっぱなしにすると機体が吸い寄せられていくので、その勢いを利用して急カーブを曲がろうということですね。

後半のコースはこれを利用しないとほとんど完走することができないため、できればプレイ開始から30分以内には身に着けておきたいテクニックです。

 

トロフィーコンプリートの流れ

  1. PRACTICEを1回クリア
  2. チートコマンド解禁
  3. CHAMPIONSHIP優勝
  4. RALLY優勝
  5. ELIMINATIONにて第1ラウンド敗退
  6. ELIMINATION優勝
  7. FULL SEASON優勝
  8. SINGLE RACEを周回
  9. トロコン

結局、最後にレース数を稼がなければならないので、そんなに時短を考えてきびきび動く必要もないです。

 

【1】ゲーム開始からPRACTICE制覇まで

Jet Moto

ゲームスタート。

まずは一番右のOPTIONSから項目を確認していくことにしましょう。

 

OPTIONS

  • DIFFICULTY … 難易度
  • LAPS … 周回
  • TURBO … ゲーム中にターボ(ボタン)を使うか
  • HOOK … マグネティックグラップル(ボタン)を使うか
  • TROPHY PRESENTER … トロフィーを授与する人を男性にするか、女性にするか
  • STATUS DISPLAY … 画面にUIを表示するか
  • CAMERA SWING … コーナーでカメラを大きく揺らすかどうか
  • STUNT RACE … アクロバティックな技を解禁するか

いろいろと変更を加えたいところなんですが、ゲームが初期状態でしか取れないトロフィーが存在します。

とりあえずタイトルに戻って「1 PLAYER」からレースを始めることにしましょう。

簡単にレース操作一覧を予習

コントローラ×ボタンでアクセル、十字キーの左右でコーナリング、そしてボタンでターボ。

おまけにボタンでマグネティック・グラップル。

最初に覚えるのはこのぐらいで十分です。

ライダーはどれも暴れ馬すぎるため、L1・R1ボタン(急カーブ)やL2・R2ボタン(重心移動)はゲームに慣れてからにしましょう。

一番最初はPRACTICEからクリアしていく

ここで狙いたいトロフィー一覧
  • ボタンを押さずに走る
  • 1レースが終わる前にターボ(ボタン)を12回使う
  • モード「PRACTICE」をクリア
  • コース「JOYRIDE」をクリア

これらは全てPRACTICE1回で取得が可能です。

 

一番最初はPRACTICEからクリアしていく

ライダーのセレクト画面。

十字キーの上下でチームを選択することができます。

最初は初期カーソル位置の「MT.DEW(DAKOTA)」を選ぶことにしましょう。

十字キーの左右により、MT.DEWチーム内のキャラを入れ替えることができます。

ゲームに慣れないうちは画面左のステータス「HANDLING」が高いキャラを選んでください。

本作はハンドリングゲーだと言ってもいいぐらい操作が荒ぶるゲームです。

 

ライダーを選んだら、次の画面で一番右のPRACTICEを選択。

ライダーを選んだら、次の画面で一番右のPRACTICEを選択。

 

次のTRACK SELECTIONというのはコースのことですね。

次のTRACK SELECTIONというのはコースのことですね。

曲セレクトという意味ではないので注意してください。

ここは一番基本となる「JOYRIDE」から攻めていくことにします。

 

レースは1周ごとにターボが4回補充される仕組みになっています。

ここは画面左下の緑玉が見えたら、すぐに使うようにしてください。

合計で12回使用するとトロフィーが獲得できます。

 

いや、曲がりづらいゲームですね…。

いや、曲がりづらいゲームですよね…。

頭の上に表示されている赤い矢印が重要な誘導カーソルとなるため、常に逆走してないか気を配るようにしてください。

コース上の黄色い矢印の看板、そして海の上のブイ、更に頭の上の赤い矢印を見ながらコースを走行する感じですね。

しばらくはガッタガタにコースアウトしてもいいので、とにかくレースは完走するようにしましょう。

 

しばらくはガッタガタにコースアウトしてもいいので、とにかく完走しましょう。

はい、PRACTICEを1回走り抜いてきましたね。

意外と結構な量のトロフィーが手に入ったと思います。

ここまでに獲得したトロフィー一覧
  • 練習あるのみ(いずれかのコースをPracticeで3周する)
  • 乗ッテケ波の上(いずれかのモードのJoyrideコースを完走する)
  • 最大スラスト(利用可能なTurbo Boostを12個すべて使ってレースを完走する)
  • ふらふら運転(いずれかのレースでバイクから3回落下する)
  • ハンドブレーキの達人(Magnetic Grappleを使わずにレースを完走する)

ここはターボ12回のトロフィーだけ取れていればOKです。

あとは適当に挽回していくぐらいの気持ちで十分ですね。

 

【2】チートコマンドを解禁する

いよいよ禁断のチートコマンド(裏技)を解禁していきます。

ただし、劇的にプレイが楽になるわけではないため、過度な期待はしないようにしてください。

 

【2】チートコマンドを解禁する

  1. まずはタイトルメニューの「OPTIONS」に入る
  2. 続いてDIFFICULTYを「PROFESSIONAL」に変更
  3. LAPSは「6」に固定
  4. EXITにカーソルを合わせてボタンで決定
  5. タイトル画面で×××  → と押す

 

コマンド入力に成功すると「カチャン」と音がします。

コマンド入力に成功するとタイトル画面に「CODES ENABLED」の吹き出しが追加。

そして「カチャン」と音がします。

これでチートモードが解禁されたため、いろいろ入力していくことにしましょう。

チートコマンド一覧
  • ハンドリング性能の向上
    下、×、左、L1、左、右、左、右
  • ターボが無限に使用可能
    △、×、右、R2、上、□、上、△
  • バイクの速度上昇
    △、上、上、L2、L2、上、上、上
  • ぶつかった場合の摩擦抵抗が減少する
    上、R2、R1、右、L1、□、右、右
  • ぶつかった場合の摩擦抵抗が完全になくなる
    □、L1、△、右、L1、下、R2、△
  • スタントを決めると獲得スコアが倍になる
    右、上、×、L2、△、×、R1、R2
  • 空中でもブレーキができるようになる
    R1、R2、右、L2、上、×、上、×
  • カメラアングルの変更
    △、下、□、△、L1、L1、R1、R1
  • 2P対戦でもアザーカーが登場する
    ×、□、R2、×、△、L2、右、上

チートコマンドを上からおすすめの順に並べてみました。

一応、注意点としてはスピードアップは壁に激突しやすくなるため、やめておいた方がいいというのが個人的な見解になります。

コーナーさえ普通に曲がることができれば、ほとんどのシーンでは問題なく勝つことができるはず。

いろいろやり過ぎてチートコードを解除したい場合、いったんゲームを終了してから改めて入力するといいでしょう。

最後は難易度をAMATEURに戻しておく

最後に難易度はAmateurに戻しておく

  • DIFFICULTY:AMATEUR
  • LAPS:2
  • CAMERA SWING:OFF

チートコマンドを入力した後はDIFFICULTYをAMATEURに、LAPSは2へ変更しておいてください。

難易度を上げたままでは優勝できなくなってしまいます。

あと、本作はカメラの揺れがレースの醍醐味だと思いますが、プレイしづらかったら素直にOFFにしておきましょう。

 

【3】CUSTOM CIRCUIT → CHAMPIONSHIPで優勝する

【3】Custom Circuit → Championshipで優勝する

再びタイトルメニュー「1PLAYER」からキャラ選択画面へ。

今度は最初に選んだMT.DEW以外からチームを選んでください。

ここはK2のCHIENでいいでしょう。

 

【3】Custom Circuit → Championshipで優勝する

続いてのCHOOSE RACE TYPEでは「CUSTOM CIRCUIT」→「CHANPIONSHIP」を選択。

 

CHANPION SHIP

コースはそれぞれ「HAMMERHEAD」「CYPRESS RUN」「BLACKWATER FALLS」を選んでください。

あとは3レースが終わった時点で総合1位を取ればトロフィー獲得となります。

CHANPION SHIPで獲得できるトロフィー
  • 途切れた橋を越えて(いずれかのモードのHammerheadコースを完走する)
  • ヒノキ林を駆ける(いずれかのモードのCypress Runコースを完走する)
  • 意地悪チェックポイント(Blackwater Fallsで、ダムのチェックポイントに衝突する)
  • ダムでのひととき(いずれかのモードのBlackwater Fallsコースを完走する)
  • スコアマスター(Custom Circuit Championshipで勝利する)

注:まだまだゲームに慣れていないため、ここでは負ける可能性も高いです。

負けた場合は無理にやり直したりせず、とりあえずコース完走のトロフィー3種だけ取得。

あとは再びやり直してコースを「JOYRIDE」「HAMMERHEAD」「SUICIDE SWANP」に設定しましょう。

負けて試合数を稼ぎつつ、勝てる可能性の高い3コースを選んでリベンジするわけです。

CHAMPIONSHIP優勝のトロフィーが獲得できたのならば、次のモードに向かうとしましょう。

 

意地悪チェックポイント(Blackwater Fallsで、ダムのチェックポイントに衝突する)

意地悪チェックポイント(Blackwater Fallsで、ダムのチェックポイントに衝突する)

コース「BLACKWATER FALLS」にて、中盤の谷底へ着水した先の場面。

(チェックポイントの直後)

灰色の坂を真っすぐ駆け上がる場所が待っているため、ここをターボで思いっきり突っ切ってください。

 

バーに頭をぶつける

坂の直後に待ち構えているチェックポイントに頭をぶつけるとトロフィー獲得。

初見殺しというか、スピードにのってコースを走ると確実に激突するので、意識せずとも取れる実績かと思います。

 

【4】CUSTOM CIRCUIT → RALLYで優勝する

【3】CUSTOM CIRCUIT → RALLYで優勝する

今度は「1PLAYER」→「CUSTOM CIRCUIT」→「RALLY」と選択。

チームはAXIOMのTATSUJINでいいです。

RALLYはポイントではなく総合タイムで順位が確定します。

 

ラリーコース

コースはそれぞれ「SUICIDE SWAMP」「ICE CRUSHER」「CLIFFDIVER」を選択。

今回も難しいようであれば、完走のトロフィーを取ったあとに改めて勝てるコースを選ぶようにしてください。

勝てるコース3選:「JOYRIDE」「HAMMERHEAD」「SUICIDE SWANP」

RALLYで獲得できるトロフィー
  • 沼地の衝突コース(いずれかのモードのSuicide Swampコースを完走する)
  • 凍てついた崖を制す(いずれかのモードのIce Crusherコースを完走する)
  • 崖裏でジグザグに(いずれかのモードのCliffdiverコースを完走する)
  • スピードリーグ(Custom Circuit Rallyで勝利する)

RALLY優勝のトロフィーが獲得出来たら次のモードへ向かいます。

 

【5】CUSTOM CIRCUIT → ELIMINATIONにて第1ラウンドに敗退する

今回は「1PLAYER」→「CUSTOM CIRCUIT」→「ELIMINATION」と選択。

チームとキャラクターは誰でもいいです。

コースはすぐに終わる「HAMMERHEAD」と適当に他2つを選んでください。

 

必ず誰かが脱落するのだ…

あとは16位以下の順位でゴールすればトロフィー【必ず誰かが脱落するのだ…
(Custom Circuit Eliminationの第1ラウンドで脱落する)】獲得となります。

スタート地点で30秒~1分ほど放置、それから完走すれば問題なく最下位が取れるでしょう。

ずっと放置してもレースは終了せず、自分自身が走り切って16位以下を取る必要があります。

 

【6】CUSTOM CIRCUIT → ELIMINATIONにて優勝する

【7】CUSTOM CIRCUIT → ELIMINATIONにて優勝する

再び「1PLAYER」→「CUSTOM CIRCUIT」→「ELIMINATION」と選択。

チームはBUTTERFINGER、キャラは思いつかなければMASALAでも選んでおいてください。

ここまでコースに関するトロフィーは全て取ったので、好きな場所を選ぶようにします。

やっぱりここは勝てるコース3選「JOYRIDE」「HAMMERHEAD」「SUICIDE SWANP」をおすすめしておきますね。

今回のELIMINATIONは下位のライダーから順番に失格となっていくモードです。

ELIMINATIONで獲得できるトロフィー
  • チームプレイヤー(全4チームのライダーをプレイする)
  • サーキット半分だけ(Custom Circuit Eliminationで8人のライダーよりも長く生き残る)
  • 最後のライダー(Custom Circuit Eliminationで勝利する)

優勝して上記のトロフィーを獲得できたのなら、次のFULL SEASONへ向かうことにします。

 

【7】FULL SEASONにて優勝する

今度は「1PLAYER」→「FULL SEASON」と選択。

チームとキャラクターは今までの経験から使いやすいライダーを選んでください。

ここはランダムに3コースが選出されるため、巻き戻しを駆使しながら1位~3位を取るようにしてください。

総合で優勝すれば大丈夫なので、全てのコースで1位にこだわる必要はありません。

 

シーズン勝利 Full Seasonで勝利する

トロフィー【シーズン勝利(Full Seasonで勝利する)】獲得。

ここまでくれば、ほぼトロコンしたも同然ですね。

 

【8】SINGLE RACEにてHAMMERHEADを周回する

【9】SINGLE RACEにてHAMMERHEADを周回する

最後はSIGLE RACEからHAMMERHEADをひたすら周回します。

チームとキャラクターは好きなライダーを選んでください。

ここまでくればプレイヤースキルも上がっているため、1レース辺り1分5秒ぐらいのタイムが出せるようになっているはずです。

何秒縮められるかを楽しみながら周回するといいかもしれませんね。

SINGLE RACE周回で獲得できるトロフィー
  • 初めての勝利の味(Single Raceで勝利する)
  • Jet Moto愛好家(全ゲームモードを通して、レースを15回完了する)
  • Jet Motoレーサー(全ゲームモードを通して、レースを30回完了する)

ちょっと不安になるかもしれませんが、一心不乱にSINGLE RACEを周回するようにしましょう。

ここまでぐるぐる回した人はどうもお疲れさまでした。

Jet Motoマスター(Jet Motoのトロフィーをすべてアンロックする)

Jet Motoマスター(Jet Motoのトロフィーをすべてアンロックする)

プラチナトロフィー

 

ゲーム本編とは関係のない隠し要素など

開発者の妻と娘に向けた隠しメッセージ

娘に向けた隠しメッセージ

タイトル画面のOPTIONSからLAPSを「2」に、そしてTrophy Presenterを「Female」に設定。

そのあとはR2ボタンを押しながらCREDITにカーソルを合わせてボタン決定。

表彰台の立ちポーズ全パターン

表彰台の立ちポーズ全パターン

OPTIONSにてDIFFICULTYを「AMATEUR」に、そしてTURBOとHOOKはそれぞれ”OFF”に設定します。

あとはL1ボタンを押しながらCREDITにカーソルを合わせてボタンで決定。

このモードでは、レース後の3パターンの背景と勝者の立ちポーズ(各トラックにつき20種類)を全て見ることができます。

各キャラのエンディングを見る

各キャラのエンディングを見る

OPTIONSにてDIFFICULTYを「AMATEUR」に、そしてTURBOとHOOKはそれぞれ”OFF”に設定します。

あとはL2ボタンを押しながらCREDITにカーソルを合わせてボタンで決定。

これで各キャラがレースで優勝したときに見られる1枚絵を順番に見ることができます。

 

あとがき

実名スポンサーが協賛するレースにクールなBGM。

リッジレーサーと同じく、いかにもプレイステーションのゲームをやっているという感覚に浸らせてくれるゲームでした。

TVCF(動画)で流れているBGMはゲームのテーマ曲だったんですね
created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥1,000 (2024/06/20 19:13:19時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です