【無料】『We Were Here Expeditions: The FriendShip』がとても分かりづらい名前で無料配信中(10/13まで) | トロびぼ
TGSセールからトロフィー記事を抜粋

【無料】『We Were Here Expeditions: The FriendShip』がとても分かりづらい名前で無料配信中(10/13まで)

2人プレイ専用パズル『We Were Here Expeditions: The FriendShip』が期間限定で無料配信(10月13日まで)

ボイスチャット必須の2人用パズルゲーム『We Were Here Expeditions: The FriendShip』が1ヶ月限定で無料配布されています。

いわゆる

ボイスチャットしながら
  • 【A】 : こっちは地図が手に入ったぞ!だが、動けない!その通路を右に行ってみてくれ!
  • 【B】:OK!私は動けるわ!この通路を右に進むのね!

とかそういうやり取りをする作品であり、ゲーム実況界隈では非常に盛り上がるタイトルでもあるわけですね。

2023年10月14日からは3.99ドル(日本円は未定)で販売されることが決定しています。

つまり、ゲームの長さもそのぐらい(約600円)のものだと思っておけば問題ないでしょう。

 

wewereheretitle【無料】『We Were Here』が2月22日まで無料配布中【セット販売】

前作も無料配布で話題となったので、今回も同じ手法で宣伝をしてくれるみたいです。

プレイする予定がない人も、とりあえず無料なのでもらっておくといいのではないでしょうか。

 

ボクたちはここにいた エクスペディション 友情船

しかし、とっても分かりづらい邦題がつけられてしまったみたいで…。

日本でも『We Were Here』で浸透していた気がするのですが、その辺はどうなんでしょうか。

今後は「ボクここシリーズ」と呼ぶのかな…

トロフィーはどうなってる?

低価格ゲームにも関わらず、プラチナトロフィーがしっかり設定されています。

1回のプレイタイムは約1~2時間で終わるそうなので、コンプもそんなに難しくないことを期待したいですね。

プレイ中は2人のチームワークがスコアとして表示されるのですが、がっつり「全試練で最高スコアを達成」なる項目があるので、何周もさせられそうな予感はしてます。

せっかくなので全機種もらっておく?

Xbox版のみ、計10時間プレイ可能な体験版という扱いだそうです。

せっかく無料なので、誰とでも遊べるように全機種もらっておくといいんじゃないでしょうか。

あとがき

【A】「(この床の模様…正解がわかったぞ!)チェスわかる?」

【B】「わからん!」

語彙力が試されるゲームふたたび

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です