PS Plusフリープレイタイトルが提供開始!トロフィーをチェックしてみる【2022年6月】 | トロびぼ
BWセール第2弾からトロフィー攻略を抜粋

PS Plusフリープレイタイトルが提供開始!トロフィーをチェックしてみる【2022年6月】

PS Plus の更新とトロフィーをチェックしてみる【2022年6月】

PS Plusの新サービスがスタート

PS Plusの新サービスとは?具体的なプランの中身を紹介

2022年6月より、PS Plusの新サービスがスタートしました。

エッセンシャル、エクストラ、プレミアムの3プランからサービスを選ぶことができます。

プラン内容
エッセンシャル従来のPS Plusと同じ
エクストラゲームカタログからPS4/PS5のゲームを選んで遊び放題
プレミアム上記二つのプランに加えて、対象のPS1/PS2/PS3/PSPのゲームが遊び放題。またゲームトライアル、ストリーミングプレイにも対応。

プレミアムはWindows PCでもストリーミングプレイを予定していますが、現在は調整中につき利用することができません。

PS4・PS5ソフトはDLCだけを購入して適用することも可能。

PS3ソフトは互換が取れていないため、DLCは適用されずストリーミングのみの提供となります。

3つのプランの料金体系は?

プラン1か月3ヶ月12ヶ月
エッセンシャル850 円2,150 円5,143 円
エクストラ1,300 円3,600 円8,600 円
プレミアム1,550 円4,300 円10,250 円

これはあくまでも定価の早見表です。

今後は利用権のセールも予定しているそうなので、そのときにまとめて購入するようにしましょう。

旧PS Nowに加入していた人はどうなるの?

PS Plusと旧PS Nowに同時加入していた人は、有効期限が長い方に一本化されるというサービスがありました。

PSストアにサインインして、現在の有効期限を確認してみてください。

ゲームカタログからトロフィーが取れる作品を教えてよ!

このサイトで以前攻略したことがあるタイトルをまとめてみました。

今後もこの欄に追加していく予定です。

旧PS Plus(Now)のカードを買ってしまいました。どうしたらいいですか?

未加入者エッセンシャルエクストラプレミアム
Plus 3ヶ月92 日分92 日分55 日分46 日分
Plus 12ヶ月365 日分365 日分219 日分184 日分
Now 1ヶ月24 日分43 日分28 日分24 日分
Now 3ヶ月64 日分127 日分76 日分64 日分
Now 12ヶ月249 日分496 日分297 日分249 日分

こちらが現在のプランに換算した表になります。

まだ何も加入していなければプランを選ぶことができますし、既に加入している人は表から対応した日数が追加されます。

旧PS Plusの人はそのままエッセンシャルに移行しているので、同じ日数が追加されるわけですね。

一方、旧PS Nowカードはレートが若干低め。

そうだ、1ヶ月だけプレミアムに加入してソフト落としまくったらいいよね?

エクストラとプレミアムは7日ごとにオンライン接続を求められます。

上位プランでソフトを落としまくった後、下位プランで延々とプレイするということはできません。

その技が使えるのはフリープレイ作品だけです。

あと1日~2日でトロコン出来るけど加入期限が切れる、って場合は有効かもしれませんね。

安くプレミアムに加入する方法はないわけ?

まずはエッセンシャルプランを限界まで買い足してください。

続いてプレミアムに一括アップグレードします。

長期にわたって加入していようが、値段は一律で12,750円となります。

つまりエッセンシャル10年分は約70,000円のアップグレード費用が必要となりますが、これが一括12,750円で済んでしまうということ。

詳しくはこちらの記事をどうぞ

今後は利用権の割引セールが開催される予定とのことなので、よくわかんない人はそれまで待つといいですね。

他に注意することある?

「プレミアムを体験して気づいたこと」「トロフィーの有無」などについて書いてみました。

配信タイトルが予告もなく突然消えることがあるので、早めにプレイしておこうということですね。

旧PS Nowから結構ソフトが消されている?

とりあえずPS4ソフト『Shadow Warrior 3』は予定通り7月4日で配信終了。

ソニックやメガドライブの名作など、PS3で好評だったセガ系のソフトは大量に削除されました。

原作コミックがあるような版権ゲームもほぼ撤去済。

非常に残念な仕打ちですが、現在プレミアムの遊び放題サービスは最大240本と数字が決まっているそうです。

古いものから消されるというのも致し方ないこのかもしれません。

PS Plus フリープレイ 6月追加分【~ 7月4日(月)】

PS Plus フリープレイ 6月追加分【~ 7月4日(月)】

今月のフリープレイは『God of War』『NARUTO TO BORUTO シノビストライカー』『Can’t drive this』の3本が追加。

新しいPS Plusの規約には「毎月2本配信予定」と書かれていたことから、本数が減らされてしまうかもしれないという懸念がありました。

どうやら以前から「2本といいつつ3本以上配信してる」という状態らしく、結局リニューアル後も提供本数は変わりませんでした。

これで一安心といったところですね。

『ゴッド・オブ・ウォー』は良いタイトルですが、PS NowやPS Plusコレクションで既に配信されているソフトでもあります。

ちょっと嬉しくない人もいるかもしれません。

以前はPS Nowのタイトルがフリープレイに降りてくるケースが多かったように感じます。

今後はまずゲームカタログで先行配信。

続いてフリープレイ提供になるソフトが多くなっていくのではないでしょうか。

必ず全てのタイトルを貰っておく

PS5本体を持っていない人でもフリープレイの購入履歴をつけることができます。

PS Plus加入者は必ず全て貰っておきましょう。

提供期間にバラつきがあることもあるので、早めに購入処理を済ませるのがよいかと思います。

PCブラウザから購入履歴をつける

PSストアにログインした後、上のURLから飛んでカートに入れるだけ。

 

PS Appから購入履歴をつける

ストアアプリ

アプリ立ち上げる → 画面下のアイコンからPS Storeを選ぶ → 画面上のカテゴリから「定期サービス」を選ぶ → フリープレイに飛ぶ

PS Plus加入者特典:6月分

意外と忘れがちな加入者特典。

エイペックスレジェンズやロケットリーグなどのキャラクタースキンが貰えたりするので、月に1回は覗いておきましょう。

今月提供された主なDLCは『原神 PlayStation Plusセール』『eFootball 2022 PlayStation Plus Member Bonus (June – July)』など。

PS5本体購入者にはPS4タイトルが18本もらえる

PS Plusコレクションと呼ばれるものです。

PS Plus加入期間はPS4タイトル18本が無料で遊べます。

意外とPS5買ったのに遊んでないという人が見受けられるので、とりあえずライブラリに加えておきましょう。

万が一サービスが終了しても、ダウンロード履歴を残しておけばずっと遊ぶことができます。

 

PS Plus コレクション『ペルソナ5』配信終了のお知らせ

https://www.trovivo.com/entry/2022/04/01/180701

PS Plusコレクションから『ペルソナ5』が提供終了となりました。

既にダウンロード履歴にある人は今後も普通に遊ぶことができます。

 

フリープレイ作品のトロフィーを確認してみる

【PS4】ゴッド・オブ・ウォー(2018年版)

ゴッド・オブ・ウォー

ゴッド・オブ・ウォー データ
トロコン難易度5段階中 / 2.3
プレイタイム約40時間
公式サイトhttps://www.playstation.com/ja-jp/games/god-of-war/
公式ストアゴッド・オブ・ウォー PlayStation Hits

『ゴッド・オブ・ウォー』概要

2018年のGOTY受賞作品。

今年に続編「ラグナロク」の販売も噂されている、ゴッドオブウォーシリーズの最新作です。

もともとはPS5本体を買うともらえる「PS Plusコレクション」の一作でした。

以前はデビルメイクライの影響が大きいゲームだったこともあり、国内のバプリッシングはカプコンが担当しています。

本作は世界の流れに乗っかって、ダークソウル風の肩越し視点アクションへと舵を切りました。

難易度調整もあるので、ユーザーの腕前に関わらずゲームを堪能することができます。

一方、主人公クレイトスにも子供が誕生。

今後はバディ・アクションとしての進化も期待できるようなゲームに仕上がっています。

ワンショットカメラを採用しており、バトルとイベントシーンがスムーズにつながるという手法が採用されているのも見どころのひとつ。

『ゴッド・オブ・ウォー』トロフィーの話

時限トロフィーなし、オンラインなし。

難易度もイージーでOK。

楽しみながらトロコンが可能です。

ほとんどが収集物関連のトロフィーなので、クリア後に攻略サイトを見ながら回収すれば大丈夫でしょう。

 

【PS4】NARUTO TO BORUTO シノビストライカー

NARUTO TO BORUTO シノビストライカー

NARUTO TO BORUTO シノビストライカー データ
トロコン難易度5段階中 / 3
プレイタイム約200時間以上
公式サイトhttps://naruto-action.bn-ent.net/
公式ストアNARUTO TO BORUTO シノビストライカー
created by Rinker
バンダイナムコエンターテインメント

『NARUTO TO BORUTO シノビストライカー』概要

プレイヤーがアバターを作成して、BORUTOの世界に飛び込むという対戦アクションゲーム。

同社の『ナルティメット』シリーズとは違う方向でオンライン対戦に特化したタイトルとなっています。

海外のオンラインゲームのように「拠点制圧」「キャプチャーザフラッグ」ルールの対戦も用意されました。

『NARUTO TO BORUTO シノビストライカー』トロフィーの話

当然ながらオンライントロフィーが満載という厳しい構成になっています。

発売から3年が経過してオンライン人口も激減していたのですが、フリープレイ効果で人が戻っている状況だということです。

やるなら今すぐプレイしてください。

とりあえず個人で10勝すればいいだけなので、それほどスキルは求められないでしょう。

ただし「1000試合消化する」「旗取合戦で100回勝利する」「陣取合戦で100回勝利する」が非常に面倒な予感がします。

トロコンした人によると200時間かかったそうですが、これは今後のオンライン人口も考えると余計に時間がかかる予感がします。

 

【PS5/PS4】Can’t drive this(キャント・ドライブ・ディス)

【PS5/PS4】Can’t drive this

Can’t drive thisデータ
トロコン難易度5段階中 / ?
プレイタイム約?時間以上
公式サイト
公式ストアCan’t Drive This【PS4】 / 【PS5】

『Can’t drive this』概要

Co-opプレイが中心のドライビングゲーム。

1Pはのろのろと運転、2Pはスライドパズルをやりながら道を作っていくというパーティーゲームです。

ストアの概要欄には「サンドラ・ブロックとキアヌに影響を受けた」と書いてあり、元ネタは映画「スピード」であることをにおわせる文面を掲載しています。

フレンドにもよると思いますが、こういう作品は顔を合わせてプレイした方が楽しい気がしないでもありません。

『Can’t drive this』トロフィーの話

延々とプレイを繰り返してカスタムパーツをアンロックしていきます。

最初は楽しいですがすぐ飽きるようなゲームでもありますね。

プレイ相手とモチベーションが維持できるか、ということが大事なポイントになってくるでしょう。

トロコン率はPS4版が0.1%、PS5版は0.3%。

あとがき

北米は6月13日に新PS Plusへ切り替え予定。

アジア版は混乱の最中で新サービスがスタート。

日本版は間違った料金案内メールが届いたり、一律12,750円のアップグレードが突如開始されたりしています。

早くも配信終了となるタイトルも出てきました。

おそらくは北米のサービス立ち上げが完了するまで、まだまだ混乱が続くものと思われます。

落ち着いたあとの今後の更新に期待ですね。

最大240タイトル提供といわず、もっと増やしてほしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です