PS2ソフトがPS Plusプレミアムで配信解禁となりました【PS2 Classics】 | トロびぼ
BWセール第2弾からトロフィー攻略を抜粋

PS2ソフトがPS Plusプレミアムで配信解禁となりました【PS2 Classics】

PS2のゲームが日本のPS Plusプレミアムで配信開始となる【PS2 Classics】

日本でもPS2タイトルの配信が始まる

6月18日、PSストアが更新されてSTAR WARS系のソフトが配信開始となりました。

これだけだったらさほど驚くこともない話なんですが、よく見ると全て過去のプラットフォームで販売されたソフトであることが分かります。

ストア説明文

PS2用ソフトStar Wars: Jedi Starfighterを、完全1080p出力とトロフィー付きで楽しもう。追加機能としてシェアプレイ、リモートプレイ、アクティビティーフィード、ゲームマニュアルのためのPS Appセカンドスクリーンなどに対応。”フォースのフライト!

PS4にPS2!!!!

ということで突然のPS2タイトル解禁となりました。

あまりにもひっそりやられたので、ちょっと困惑してるというのが正直な感想です。

国内のPS PlusプレミアムにPS2公式エミュレーターを使用したソフトが配信される、ということが初めての事態ですね。

もともとは海外だけのサービスだった”PS2 Classics”

サービス名は

  • PS2 Classics
  • PS2 Games
  • PS2 on PS4

と呼ばれていたりして、厳密に名称は決まっていません。

ややこしいのですが、PS4用に作り替えられたソフト(例:バイオ4、FFXなど)ではなく、純粋にPS2ソフトを動かしているサービスになります。

PS2

見分け方としては、起動時にPlayStation 2のロゴが見えれば”PS2 Classics”となる。

またタッチパッドの左側がセレクトボタン、右側がスタートボタンに割り振られていれば、完璧にPS2 Classics対象ソフトですね。

日本では

  1. スターオーシャン3 Till the End of Time ディレクターズカット
  2. ジャック×ダクスター 旧世界の遺産
  3. ジャック×ダクスター2
  4. Jak 3 (英語版)
  5. Jak X: Combat Racing (英語版)

の5本だけが展開されていました。

丁寧にスターオーシャン3には「ソニーの技術供与により実現」と説明が書かれています。

スマホやタブレットにPS4 Second Screenアプリをインストールすると、ゲームをプレイしながら当時の説明書を読むことができました。

北米ストアには50本以上のPS2タイトルがある

北米ストアには50本以上のPS2タイトルがある

これはPS5向けサービスの画像。

もともとはPS4用にリリースされたPS2ソフトを、PS Plusプレミアムのゲームサブスクに追加したというわけです。

北米では数年前から『PS2版ワイルドアームズ アドヴァンスドサード』が配信されていました。

トロフィーも既に日本語化済み。

2016年に販売された作品にも関わらず、日本ではいまだに配信されていません。

北米PS2 Classicsには『サルゲッチュ2』『SIREN』など、まだまだ魅力的なタイトルがいっぱい眠っています。

北米アカウントを持っているユーザーは海の向こうのストアを見ながら、国内への配信を心待ちにしていたわけでした。

PS2 Classicsは数年前に止まってしまった

2016~2017年を境に、海外でもPS2ゲームは配信されなくなっていきます。

売れていればサービスは嫌でも続くわけで、おそらく移植の手間がかかる割に利益が見込めなかったということなのでしょう。

しかしPlayStation側にもゲームサブスクが始まったことで、その収益を元手に移植作業を続行できるようになったはずです。

任天堂もNintendo Switch Onlineの利益をもとに昔のソフトを移植していますね。

今回は

  • Super Star Wars(SFC版のPS4移植)
  • STAR WARS: Jedi Starfighter(PS2 Classics)
  • STAR WARS: Bounty Hunter(PS2 Classics)
  • Star Wars: Racer Revenge(PS2 Classics)

の4タイトルが配信されましたが、これらは全て北米ストアにあったゲームです。

SFC

PS2 ClassicsではないSuper Star Wars

新タイトルが移植されたというわけではありません。

しかし、海外オンリーだったタイトルが日本で解禁されたということに大きな意味があるでしょう。

『ダーククラウド』や『パラッパラッパー2』が配信される可能性がでてきました。

あとがき

PS2 Classicsのタイトルが日本でも解禁されたということ。

つまり、今年の8月3日 ~ 8月6日1はSIREN配信の絶好のチャンスということになります。

頼むよSIE
  1. ゲームの時間軸

2 COMMENTS

匿名

サルゲッチュ2は初代より遥かに所要時間が長い上にプラチナもつかないのでこの間の楽々プラチナ2個に味を占めたトロファーが地獄に叩き落とされそう

返信する
かなめ

>匿名さん
昔は低価格のゲームにプラチナトロフィーをつけないという決まりがあって、14ドルと9ドルのPS2ゲームには明らかな差がありましたね

そんなの知らない人が大半なので、初代から順番にプレイする人は納得がいかないだろうなぁ…という気がしてます

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です