夏ゲームフェスからトロフィー攻略記事を抜粋

スティックも交換可能!純正カスタムコントローラこと『DualSense EDGE ワイヤレスコントローラー』が発表される

純正カスタムコントローラこと

PS5の新型コントローラがgamescomにて発表される

ヨーロッパ最大規模のゲームイベント“gamescom 2022”のオープニングアクトとして、2022年8月24日に“gamescom Opening Night Live 2022”が開催。

その中でSIEはPS5の新コントローラー『DualSense EDGE』を発表しました。

発売日や値段は明かされませんでしたが

  • スティックの感度やデッドゾーン(スティック操作を検知開始する範囲)を調整可能
  • 各トリガーの感度調整なども可能
  • 設定はプロファイル機能を通じて保存・読み込み
  • スティックはモジュール全体での交換もサポート
  • コントローラー背面のボタンも割り当て可能
  • スティックのキャップも交換可能

以上のカスタマイズが可能になるとのこと。

デュアルセンスは高確率でドリフト問題が起きるので、設計を見直せないならスティックを自前で交換できるタイプの製品をリリースするというのは必然でしょう。

背面ボタンは便利

そもそもPS4の時代から公式販売の背面ボタンは存在していました。

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

L1ボタンとR1ボタンに両手の人差し指をかけて、中指で背面アタッチメントを押すわけです。

上級者は反応が遅れないようにL1/L2・R1/R2ボタンにそれぞれ人差し指と中指をかけて、薬指で背面をいじるわけですね。

L3押し込みダッシュは背面に割り当てることで、乱戦時でもスムーズに移動することが可能になります。

Rスティックを倒しているときは×ボタンが押せなくなってしまいますが、背面ボタンを導入することでカメラ調整しながらしゃがみやジャンプが同時にやれるようになります。

エーペックスやフォートナイトのために導入したという人も多いのではないでしょうか。

値段はどれくらいになる?

プロコンは本格的な製品だと30,000円以上も珍しくなくなってきますが、さすがに公式でそこまでものは出してこないと思います。

次に多い価格帯が10,000円 ~ 15,000円ぐらいなので、その辺が妥当な気もするのですがどうでしょうか。

あとがき

これでバッテリーと基盤が壊れない限りは延々と使えるコントローラに…?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です