PS Indiesからトロフィー攻略記事を抜粋

「PS4ソフトのサポートは2025年まで?」SIEの事業説明会を見る

サポート

PS4ゲームのサポートは2025年で終了予定?

ソニーが「2022年度 事業説明会」を5月26日から2日間に渡って開催しました。

これはSIEが今後の事業を考えて、PS5は50%、PC向けが30%、モバイル向けが20%と内訳を算出した資料です。

 

PC

今後は「PCやモバイルにも注力するで!」ということですね。

SIEがあまり進出してこなかった分野ですから、成長しかないと見込んで予測を立てているのでしょう。

今回のState of Playで発表されたPC版『Marvel’s Spider-Man Remastered』のように、PS独占ゲームを時間をおいて移植する計画が見えますね。

PS5事業に何か狂いが生じた場合、こちらで穴埋めできる可能性もあります。

SIEは2020年に独自IPをプレイステーション独占にするという方針を撤回しました。

現在はインソムニアックゲームズが「PCにはリリースしない」と過去に発言したことを蒸し返されてますが、これは開発メーカーだけの責任ではないでしょう。

 

積極的

コンソール以外の収益を積極的に狙っていきたい姿勢が見て取れます。

記事冒頭の資料に戻りますが、2025年の予測にPS4のグラフがなかった、ということから「PS4打ち切り!?」と噂になったわけです。

ポートフォリオはあくまで運用商品の組み合わせ表でしかありません。

SIEの資料は2023年と2024年が抜けていますし、さすがにPS5発売から5年が経過してる状態ではPS6の話も出てくるでしょう。

そんな状況下でPS4が現役とは思えないのですが…。

そろそろPS5/Xbox Series専用タイトルも増えていますし、2023年~2025年の間に様子をうかがいながらPS4タイトルを切るような気がします。

元々は2022年内にPS4サポートは終了するはずだった

こちらは2020年頃、SIE社長ジム・ライアン氏のインタビュー。

「PS4のサポートは2022年まで続けることが重要だ」との見方を示していました。

やはり2023年以降はPS4の動向は不透明かな、という気がします。

 

最近はPS5/Xbox Series専用タイトルも増加傾向にある

マップを一括に読み込むタイプのゲームは、ローディングタイムが異常に長くなる傾向にあります。

『FF7リメイク』はやたらと細い路地を強制的に歩かせて、読み込みを何とかごまかしていました。

一方、PS5専用タイトルである『Ghostwire: Tokyo』は広大な渋谷をシームレスで駆け巡ることができます。

バットマンファミリーがゴッサム・シティを走る『ゴッサム・ナイツ』は、予定していたPS4版のリリースをキャンセルしました。

アクションRPG『ファイナルファンタジーXVI』がPS5専用タイトルになることは既に発表済みです。

例えば「オープンワールドだけど、大きなキャラをハイスピードで動かしたい」というような技術力を要するゲームは、今後次世代機専用タイトルになる割合が高くなっていくでしょう。

あとがき

最近はコンソール機の寿命も長くなってきました。

PS5の増産はよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です