トランセンドの1TB SSD M.2(PS5動作確認済)が実質14,783円で販売中【2,000円引きクーポン】 | トロびぼ
BWセール第2弾からトロフィー攻略を抜粋

トランセンドの1TB SSD M.2(PS5動作確認済)が実質14,783円で販売中【2,000円引きクーポン】

トランセンドの1TB SSD M.2(PS5動作確認済)が実質14,783円で販売中【2,000円引きクーポン】

トランセンド 1TB SSD M.2が16,783円から2,000円引きクーポン発行で販売中

年末年始は約23,000円で販売していたトランセンドの1TB SSD(M.2)がここに来て大幅な値下がりを記録しています。

ヒートシンク付き、PS5本体での動作も確認している1TBのSSDが実質14,783円で販売してるのですね。

わずか1~2ヶ月で約9,000円の値引きを行うという凄まじい事態になってます。

最近PS5本体を購入して「全然容量が足りない」と嘆いている方は導入を考えてみてはいかがでしょうか。

ヒートシンク付きSSD(1TB)の相場ってどれくらいなの?

動作の安定性を求める人が購入するSeagate FireCuda 530 M.2(1TB)が2023年2月時点で19,971円

 

コスパを求める人が購入するSamsung 980 PRO ヒートシンクモデル(1TB) 2023年2月時点で15,990円

今回のトランセンドの商品はサムスン製よりスピードが速くて安いという代物ですね。

PS5内蔵SSDは何でも使えるというわけではない

ソニーの公式サイトにはPS5に使えるSSDの要件が記載されています。

 

  • インターフェース:PCI-Express Gen4x4対応M.2 NVMe SSD(Key M)
  • SSDストレージ:250GB〜4TB
  • 対応サイズ:2230 / 2242 / 2260 / 2280 / 22110
  • 放熱機構を含むサイズ:幅最大25mm、長さ30 / 40 / 60 / 80 / 110mm、高さ最大11.25mm(基盤から上8.0mmまで / 基盤から下2.45mmまで)
  • シーケンシャル読み込み速度:5500MB/秒以上を推奨
  • ソケットタイプ:Socket 3(Key M)
  • 放熱構造:ヒートシンクや熱伝導シートの標準装備が必要

ゲームデータの高速読み込みがPS5のセールスポイントになっているので、遅いSSDを使われても困るよということでしょう。

その代わりというか、自分でSSDを増設してもサポート対象外にはならないことが発表されています。

詳しくは上記のPS5内臓ストレージに関するサポートサイトを一読しておくとよいでしょう。

PS5の標準内蔵ストレージは換装できない。増設は1個だけなら可能

もともとPS5に搭載されているSSDは最大転送速度の速い専用設計で、換装はできないようになっています。

ユーザーが後から増設できるのは画像の「M.2(エムドットツー)スロット」に装着できる1個のみとなるわけですね。

容量はなるべく最低でも1TB以上のSSDを増設した方がいいんじゃないかと思います。

PS5専用ゲームを外付けSSDに移動させることはできない

外付けのSSDはNVMeに対応したものを使っても、最大900〜1,000MB/sのデータ転送速度しか出ません。

つまりPS5本体が要求する5500MB/s以上のスピードが出ないため、外付けのストレージからはPS5ゲームが起動できないということになります。

ただしPS4のゲームは外付けからも問題なく起動できますし、PS5のゲームも一時的に退避させておくことはできます。

あとがき

PS5本体が普及してヒートシンク付きSSDが売れれば、更に値段は下がっていくことが予測されます。

年末辺りからM.2 SSDの値下がりが凄い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です