10月のお買い得セールからトロフィー記事を抜粋

【無料】PS4ゲーム10本無料配布決定。トロフィーを軽くチェックしてみる【Play at home】

プレイアットホーム

2021年3月26日(金)からPS4用ソフト9本無料配信開始(4月23日まで)

現在『ラチェット&クランク THE GAME』が無料配布中ですが、更に合計10本ものゲームが追加で配信されることが決定しました。

これもコロナ禍での自宅待機を支援する「Play at home」イニシアチブの一環だそうです。

Play at home自体は4ヶ月間開催されるそうですが、今後もソフトが追加されるとしたら結構な本数になりそうですね。

とりあえずありがたく貰っておきましょう。

『ラチェット&クランク』の例を見る限り、フリープレイ作品であっても改めて単独で購入処理できる可能性が高いです。

海外アカウントを持っている人はそちらの方も忘れずに。

無料配布されるゲームリスト(PSストアリンク)

PS4タイトル

ABZÛ

 

Enter the Gungeon

 

Rez Infinite

 

Subnautica / サブノーティカ

Subnautica『サブノーティカ』プラチナトロフィー取得の手引き【約1時間で完了】

 

The Witness

 

THUMPER リズム・バイオレンスゲーム

 

PS VR専用タイトル

ASTRO BOT: RESCUE MISSION

 

Moss

 

Paper Beast

 

今回新規に無料配信されたタイトルは?

  • ABZU – >フリープレイ配信済
  • The Witness – >フリープレイ配信済
  • THUMPER リズム・バイオレンスゲーム – >フリープレイ配信済
  • Enter the Gungeon – > new!
  • Rez Infinite – > new !
  • Subnautica  / サブノーティカ – > new !
  • Mos – > new !
  • ASTRO BOT:RESCUE MISSION【VR】 – > new !
  • Paper Beast【VR】 – > new !
  • Horizon Zero Dawn: Complete Edition – > new !

いい感じですね。

サブノーティカは5月14日にPS5版もリリースされます。

今回PS4版の購入処理ができるということは、100円でPS5版にアップグレードできる可能性が…?

公式サイトにはパッケージ版のことしか書かれていませんでした。

後ほど試してみます。

※5月14日追記

PS5版に100円でアップグレードできました。

貰った人はぜひやっておきましょう。

ついでにトロフィー攻略記事も書いてみました。

 

 

次回は『Horizon Zero Dawn Complete Edition』が配信(4月20日から)

4月20日から5月15日までの約1ヶ月間、いよいよホライゾンゼロドーンが無料配布されます。

フリープレイに来そうで来なかった作品ですね。

しかもDLC付きのコンプリートエディションなので、これは嬉しい人も多いんじゃないでしょうか。

ちょうど買おうと思っていた人はもう1ヶ月待ってください。

トロフィー的にどう?

軽くチェックしてみました。

ABZÛ

データ
トロコン難易度5段階中 / 1.5
プレイタイム約5時間以上

「風ノ旅ビト」製作チームによる水中ダイビングアドベンチャーゲーム。

プラチナトロフィーなし。

ほぼ収集要素に時間を費やすトロフィー構成となります。

Enter the Gungeon

データ
トロコン難易度5段階中 / 4.5
プレイタイム約80時間以上

弾幕STG + ローグライク + アクションゲームというよくばりな作品。

高難易度タイトルとしても有名です。

ビーストモードをONしても何も起きませんが、そのままクリアするとトロフィーが取れます。

Rez Infinite

データ
トロコン難易度5段階中 / 2.8
プレイタイム約20時間以上

セガのリズムシューティングゲーム。

「もともとVRの構想はあった」と製作者の水口氏が言う通り、PS VRなしでやるのがもったいないぐらいに光と音が気持ちいいソフトです。

ただトロファー的にはPS VRを装着しないでやった方がいいという矛盾。

昔、xbox360で『Rez HD』というゲームがありましたが、基本中身はそれと同じ。

「全エリアを通しでクリア」と「スコアアタック30回」というトロフィーに時間がかかります。

Subnautica (サブノーティカ)

データ
トロコン難易度5段階中 / 1
プレイタイム約1時間以上
攻略記事https://www.trovivo.com/entry/2021/05/18/200525

500万本以上売れた深海オープンワールドサバイバルゲーム。

サバイバルゲームブームの一端を担った作品でもあります。

『ARK』『コナンアウトキャスト』『ピックスアーク』辺りをプレイしたことがあるなら、このジャンルの理解も早いでしょう。

その手のジャンルにはだいたい「クリエイティブモード」や「デバッグコマンド」が実装されています。

さすがにデバッグコマンドは駄目ですが、開発者コマンドならトロコンが可能。

The Witness

データ
トロコン難易度5段階中 / 3.5
プレイタイム約20時間以上

オープンワールドパズルゲームです。

鍵を開けるにも一筆書き、電気を通すにも一筆書き。

何をするにも一筆書きを要求されるという不思議なゲームとなっています。

クリアのために全てのパズルを解く必要はありません。

ですが、風景自体がパズルになっているという凄まじい隠し要素があります。

「柱の模様でパズルできそう…」「浜辺で一筆書き…」と、もはやパズルを探すこと自体がパズル。

プレイヤーもパズルを探すことに苦しみ、作中のムービーでも登場人物が現実をパズルと誤認するシーンが見受けられます。

苦悩する人を見かけたら、とりあえず「風景パズルから逃げるな」と声をかけておきましょう。

パズルの答えは固定なのでトロコンも楽かと思いきや、完全なランダムパズルを出されるチャレンジルームというものがあります。

そちらはかなり難しい。

簡単なパターンに巡り合うまでやるしかありません。

ASTRO BOT:RESCUE MISSION

データ
トロコン難易度5段階中 / 2.1
プレイタイム約12時間以上

PS VR専用アクションゲーム。

「柱の影にコインがあるから、プレイヤー自身が覗き込んで確認する」など、VRであることを利用したギミックが楽しい一作。

以前SIEジャパンスタジオが手掛けた『KNACK』が不評だったことから、本作も発売前はさほど期待されてはいませんでした。

ところが発売後の評判は上々。

見事スタジオの名誉を挽回するに至り、不安の声を払拭したという良作でもあります。

ゲーム自体はそんなに難しくなのですが、ステージに隠れているロボットとカメレオンを全て見つける必要があります。

これが結構分かりづらい。

攻略情報を見るために、いちいちヘッドセット外してスマホ覗き込むことが面倒かもしれません。

Moss

データ
トロコン難易度5段階中 / 2.1
プレイタイム約7時間以上

ねずみくすPS VR専用タイトル。

シルバニアファミリーを見るような視点というか、覗き込んでプレイするタイプのアクションゲームです。

ネズミのクイル君を操作したり、ときにはステージのギミックを自分で操作したりしながらクリアを目指します。

ストーリークリアだけなら3時間弱ぐらいで終わるでしょう。

「秘宝の粒を全て(31個集める)」というトロフィーが人によっては難しいかもしれません。

これもアストロボットと同じくプレイヤー自身がステージを覗き込んで探す必要があります。

「1回も死なない」というトロフィーは、やられたらゲームを再起動させるだけで死亡回数をリセットすることができます。

THUMPER リズム・バイオレンスゲーム

データ
トロコン難易度5段階中 / 3.8
プレイタイム約30時間以上

光り輝くカブトムシがコースを高速で走るだけのゲーム。

使うボタンもLスティックと×ボタンの2つだけ。

プラチナトロフィーに獲得条件が書いてある珍しいタイプのゲームですね。

「全ステージSランク」がトロコンの条件となっています。

非常にシンプル。

そしてストレートに難しい。

コースは200以上。

PS VRは使わずにプレイしましょう。

リズムでぽんぽんクリアするしかありません。

コース構成は固定なので、何度もやり続ければ覚えられるのが唯一の救い。

Paper Beast

データ
トロコン難易度5段階中 / 1.2
プレイタイム約6時間以上

PS VR専用ソフト。

2021年3月にリリースされたばかり。

アウターワールドの作者が手掛ける新作VRゲームです。

電脳世界の中で、プレイヤーは折り紙で出来た生き物と触れ合う…というパズル要素を含んだアドベンチャーゲームとなっています。

答えは既に出回っているので、つまづいたらその通りにプレイすればOKでしょう。

Horizon Zero Dawn: Complete Edition

データ
トロコン難易度5段階中 / 2.3
プレイタイム約50時間以上(追加トロフィーには最高難易度クリアの項目有り)

赤毛のハンター「アーロイ」となり、機械で構成された獣たちを狩りながら隠された謎を解き明かしていく、という内容のオープンワールドアクションRPGです。

革新的な要素こそありませんが、グラフィック綺麗・演出は映画的・戦闘は楽しいと、大事な三拍子はきちんと抑えています。

王道すぎるAAAタイトルであることには間違いないでしょう。

本作が無料配布されるということは、本当に続編は今年中に発売されるかもしれません。

トロフィー的にはマップを万遍なく走りながら花や像を探す、全敵のスキャンは欠かさずに、といった収集要素が面倒なぐらい。

テクニック的に詰まる部分は少ないでしょう。

あとは本編トロコン → DLCトロコンの順を踏んだ方がいいです。

途中からDLCに手がつけられるものの、敵は明らかにクリア後を意識したバランスに調整されていました。

更に1年越しのアップデートとして「ウルトラハードでクリア」というトロフィーが追加されています。

クリアした状態は引き継げるものの、敵の探知能力が上がっていたり回復に制限があったりします。

なかなか厳しい難易度。

全てのトロフィー獲得を目指すとなると結構難しめですね。

あとがき

ペーパービースト以外持ってるという。

積んでるうちにフリプ化するあるある
created by Rinker
ゴーウェル(Gowell)
¥770 (2021/10/23 01:58:26時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。