TGS SALEからトロフィー記事を抜粋

PS Now & PS Plus 9月更新分のトロフィーをチェックしてみる【2021年】

PS Now & PS Plus 9月更新分のトロフィーをチェックしてみる【2021年】

PS Nowの2021年9月新規タイトルが配信開始

PS Nowとは

Windows PCでもプレイ可、PS5とPS4はダウンロードプレイに対応。

PS3タイトルはストリーミングでカバー、トロフィーにも対応とこれ以上無いサービスに生まれ変わったPS Now。

事実上の定額遊び放題、PS版サブスクリプションサービスでもあります。

現在、7日間無料体験受付中。

よく無料体験なのに100円取るのかということが話題に上がりますが、これはCERO:Zタイトルが遊べるので年齢確認が必要なため。

クレジットカードが通るか確認された後、約1ヶ月後に100円が返金されます。

PS Plus更新分は事前に発表されますが、PS Now新規追加タイトルは配信当日にならないと発表されません。

PS Now 今月の概要

9月のタイトルが揃ったので書き出しておきます。

今月は9月7日(火)発表。

やっぱり追加タイトル発表は第1週の火曜日とみて間違いなさそうです。

8月は1ヶ月110円キャンペーンが功を奏して加入者が爆増しました。

今月は6タイトル追加といい感じです。

ここ3ヶ月ぐらいは豪華なラインナップで頑張ってますね。

期間限定だけではなく、恒久追加タイトルもあって嬉しい限り。

PS Now 9月追加分

期間限定タイトル

『鉄拳 7』(~2022年2月28日(月))

700鉄拳7

データ
トロコン難易度5段階中 / 2
プレイタイム約10時間以上
公式サイトhttps://www.tk7.tekken-official.jp/
公式ストア鉄拳7 Welcome Price!!

ゲーム概要

全世界売上本数700万本を突破。

シリーズ最高本数を記録。

そしてその95%以上が海外での売上…という極端な比率のタイトルでもあります。

国内の状況だけを見てスマブラSPへ参戦することに対して疑問の声がありましたが、むしろ世界的に出さないでどうする…というレベルの知名度だったりします。

物語の重要なキャラクターとして何とカプコンから「豪鬼」が参戦しており、初心者への参入障壁を著しく下げたタイトルになりました。

簡単にトロコンできるし、最初はバシバシ勝てるし、自分格ゲーうまいんじゃないか?と錯覚させてくれるウマいソフトですね。

トロフィーの話

格ゲーのトロフィーでありながら、だいぶ優しい構成となっています。

ストーリーモードは最低難易度クリアでOK。

オンラインは各モードで1回勝つだけ。

最初は初心者に当たることも多いので、ある程度慣れたところで挑戦すれば容易に勝てます。

コンボも1個覚えるぐらいか、何だったらボタン連打でいいぐらいです。

たくさん配信されている有料DLCにトロフィーがついていないのも非常に良心的。

 

『FINAL FANTASY VII』( ~ 終了日未定)

ff7

データ
トロコン難易度5段階中 / 2
プレイタイム約40時間以上
公式サイトhttps://jp.finalfantasy.com/titles/finalfantasy7
公式ストアFINAL FANTASY VII

ゲーム概要

FFシリーズがPS Nowに追加されることが発表されました。

本作はその第1弾タイトルとなります。

リメイクではなく、オリジナル版の方ですね。

不朽の名作RPG。

忙しい現代人のために3倍速・バトル強化・エンカウントなしと便利な機能が揃っており、クリアするだけだったら数時間とかからないような作りになっています。

FF7リメイクはオリジナル版を知ってる前提のようなストーリーになっているので、PS Now追加を機に復習してみるのもいいのではないでしょうか。

トロフィーの話

バトルが楽になった分、一番苦戦するのが時限トロフィーです。

エアリスの究極リミット技を覚える、バレットとデートする。

オリジナル版をやった人なら、事前情報なしは難しいというのがよくわかると思います。

攻略サイトを舐めるように見て、綿密な計画を建ててからプレイした方がいいでしょう。

 

常に遊べるタイトル

『Windbound』(ウインドバウンド)

Windbound

データ
トロコン難易度5段階中 / ?
プレイタイム
公式サイトhttps://www.deepsilver.com/en/games/windbound/
公式ストアWindbound

ゲーム概要

不思議な島に漂着してしまった主人公。

道具を作って動物を狩り、生き延びながら島の秘密を暴いていくというサバイバルアドベンチャーゲームとなっています。

発売前から「ゼルダの伝説 BotWと風のタクトをかけ合わせたようなグラフィックだ」との声がありました。

空腹の管理が厳しく、とにかくすぐ死んでしまうのでゆっくり探索できないという感想が多いですね。

トロフィーの話

「陸上生物を全種ヘッドショットで倒す」「近接武器のみでクリア」「クラフトせずにクリア」などなど骨太のトロフィーが並びます。

「クラフトしろ」「クラフトするな」など相反するトロフィーもあり、トロコンするには何周もする必要があるでしょう。

難しさよりも、途方もなく時間がかかるといった感じの構成でしょうか。

ネットでのトロコン報告も少なめ。

 

パスファインダー:キングメーカー ディフィニティブエディション

パスファインダー:キングメーカー ディフィニティブエディション

データ
トロコン難易度5段階中 / ?
プレイタイム
公式サイトhttps://pathfinderkingmaker.games.dmm.com/
公式ストアPathfinder: Kingmaker – Definitive Edition

ゲーム概要

「ディフィニティブエディション」ということで、日本版発売と同時にDLCが全て収録されているのは嬉しいところ。

元は『ダンジョンズ&ドラゴンズ』を舞台にしたTRPGということもあり、力技で原作の全てを再現しようとした怪作と言われているタイトルです。

王国経営からシミュレーションバトルまでやるような作品なので、当時リリースされた解説書が300ページを超えたという逸話もありました。

5月発売にも関わらず、期間限定ではなく恒久的にPS Now追加タイトルになったことは賛否あるかもしれません。

原作者が翻訳にも携わっているのでゲームの雰囲気は良いですが、反面専門用語が多く初心者には分かりづらい面もあるような気がしました。

割とアニメ系の実況者が取り扱っているのも面白いところですね。

トロフィーの話

そもそもトロコンした人を見かけないというレベルです。

PSNPでも6人とか。

自由すぎるゲームなので、トロフィーもどこでどう取るか突き止めようがない気がします。

 

『Dandara』(ダンダラ)

Dandara

データ
トロコン難易度5段階中 / 4
プレイタイム約20時間以上(リトライ状況による)
公式サイトhttps://www.deepsilver.com/en/games/windbound/
公式ストアDandara

ゲーム概要

ブラジル産のハイスピード2Dメトロイドヴァニア。

無料アップデートにより『Trials of Fear Edition』をプレイすることが可能です。

十字キーやLスティックで移動することはできず、指定した角度に向かって飛ぶという珍しいゲームとなっています。

移動自体がアクション。

跳ねて移動した先のマップが見えないので、かなりの反応速度が求められます。

最初こそ易しいですが、中盤から終盤にかけて難易度が急激にあがるので覚悟しておいた方がいいでしょう。

トロフィーの話

ただでさえ難しいのに「開発者のクリアタイム1時間17分を超えろ」という鬼のようなトロフィーがあります。

これを達成できるのであれば、あとは宝箱回収率など時間をかければ何とかなるようなものばかりです。

そもそもクリア自体が難しいですが…。

 

『Kingdom: New Lands』(キングダム: ニューランズ)

Kingdom: New Lands

データ
トロコン難易度5段階中 / 2.2
プレイタイム約30時間以上
公式サイトhttps://www.kingdomthegame.com/
公式ストアKingdom: New Lands

ゲーム概要

以前2020年6月にフリープレイ化していますね。

再掲載。

Kingdomシリーズの初作。

横スクロール + リソース管理のSLG。

最新作Two Crownsに大型アップデートが来たので、その宣伝を兼ねてだろうか。

ブラッドステインドのキャラも参戦するほど海外では人気が高い。

とにかくチュートリアルが雑で明確な説明がない。

最初は慣れるまでが大変。

Steam版、Switch版とアプリ版もあり。

トロフィーの話

1日経過に4~6分。

「100日目までクリア」というトロフィーがあるので、とりあえず数十時間かかることは確実です。

1周が長い。

攻略サイトを見て流れを追跡しましょう。

100日間さえクリアできれば、あとはトロフィー獲得の条件を調べて一個一個達成していくだけです。

 

PS Plus フリープレイ 9月追加分(~10月4日(月)

今月は長く遊べる3作品が提供されています。

PS5専用枠が1作品。

PS4向けが2本の構成ですね。

PS5を持っていない人でもフリープレイの購入履歴をつけることができるので、PS Plus加入者は必ず3本とも貰っておきましょう。

提供期間にバラつきがあることもあるので、早めに購入処理を済ませるのがよいかと思います。

PCブラウザから購入履歴をつける

PSストアにログインした後、上のURLから飛んでカートに入れるだけ。

 

PS Appから購入履歴をつける

ストアアプリ

アプリ立ち上げる → 画面下のアイコンからPS Storeを選ぶ → 画面上のカテゴリから「定期サービス」を選ぶ → フリープレイに飛ぶ

 

PS PLUS加入者特典

意外とダウンロードを忘れがちな加入者特典。

エイペックスレジェンズやロケットリーグなどのゲーム内アイテムが貰えたりするので、月に1回は覗いておきましょう。

 

フリープレイ9月提供タイトル

【PS5】『Overcooked!-オーバークック 王国のフルコース』(~10月4日(月)

トロコン難易度:2

トロコン時間:約15時間以上

PS5版のみフリープレイなので注意。

オーバークック1と2、DLCの全てを同梱した完全版。

肉焼いてる間に皿を洗って野菜を切って…といったマルチタスク能力が求められるパーティーゲームです。

トロフィーはソフト1本分になってしまいましたが、旧作で最も鬼畜な実績であった「オール星3クリア」という項目がなくなっています。

更に新しく追加されたアシストモードを使えば、ステージクリア制限時間もかなり伸びます

コントローラーが2つあれば1マルチプレイ系のトロフィーも取れるようになり、旧作とは違ってトロコンが随分楽になりました。

あとは一人で4人分動かす面倒臭さに耐えられるかどうかでしょうか。

 

【PS4】『ヒットマン 2』(~10月4日(月)

トロコン難易度:3

トロコン時間:100時間以上

プラチナトロフィーなし。

CERO【Z】レーティングにつき、クレジットカード必須。2

今年初頭まではPS Nowで配信されていました。

伝説の殺し屋エージェント47となり、カーレース場・船上など様々な状況でターゲットを暗殺するサンドボックス型のゲーム。

車に轢かせる、戦闘機のカタパルトから射出する、

ゴルフ好きの目の前にボール型爆弾を置いておくなど、無数の殺害方法があるので、ピタゴラスイッチ的な楽しみ方もできます。

ヒットマン2はどちらかといえば前作のアップデート版みたいなものなのですが、販売形態が複雑です。

フリープレイ版は7つほどDLCが適用されているみたいですね。

トロフィーはプラチナなし120個以上という構成。

1タイトルにつき実績は128個以上追加できないので、別タイトル扱いになっている辺りがちょっと面白い点でしょうか。

大事なのは観察眼でテクニックはそこまで必要ありませんが、一部マルチプレイ必須です。

DLC全てトロコンとなると100時間以上かかると思います。

 

【PS4】『PREDATOR HUNTING GROUNDS』(~10月4日(月)

トロコン難易度:5段階中 / 3

トロコン時間:約150時間以上

映画プレデターの世界観で行われる1vs多数の非対称シューター。

いわゆるデッドバイデイライト + TPSですね。

「ヘッドショットを1000回」「人間側で100回脱出」など、どちらかといえば回数系で頭を抱えることになるかと思います。

テクニックというより、トロフィーに書いてあるような状況に何度も巡り合うかという感じでしょうか。

あとがき

ということで長く遊べるタイトルが揃いました。

オーバークックやりたかったからありがてえ
created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥1,408 (2021/09/25 22:47:19時点 Amazon調べ-詳細)
  1. メインメニューからコントローラー分割を選んで一人4プレイヤーに挑む
  2. 請求は0円。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。