『SUMMER SALE 第2弾』からトロフィー攻略記事を抜粋

2022年7月のフリープレイ作品が提供開始!『クラッシュ・バンディクー4』などトロフィーをチェックしてみる

2022年7月のフリープレイ作品が提供開始!『クラッシュ・バンディクー4』などトロフィーをチェックしてみる

PS Plusの新サービスがスタート

PS Plusの新サービスとは?具体的なプランの中身を紹介

2022年6月より、PS Plusの新サービスがスタートしました。

エッセンシャル、エクストラ、プレミアムの3プランからサービスを選ぶことができます。

プラン内容
エッセンシャル従来のPS Plusと同じ
エクストラゲームカタログからPS4/PS5のゲームを選んで遊び放題
プレミアム上記二つのプランに加えて、対象のPS1/PS2/PS3/PSPのゲームが遊び放題。またゲームトライアル、ストリーミングプレイにも対応。

プレミアムはWindows PCでもストリーミングプレイを予定していますが、現在は調整中につき利用することができません。

PS4・PS5ソフトはDLCだけを購入して適用することも可能。

PS3ソフトは互換が取れていないため、DLCは適用されずストリーミングのみの提供となります。

3つのプランの料金体系は?

プラン1か月3ヶ月12ヶ月
エッセンシャル850 円2,150 円5,143 円
エクストラ1,300 円3,600 円8,600 円
プレミアム1,550 円4,300 円10,250 円

これはあくまでも定価の早見表です。

今後は利用権のセールも予定しているそうなので、そのときにまとめて購入するようにしましょう。

旧PS Nowに加入していた人はどうなるの?

PS Plusと旧PS Nowに同時加入していた人は、有効期限が長い方に一本化されるというサービスがありました。

PSストアにサインインして、現在の有効期限を確認してみてください。

ゲームカタログからトロフィーが取れる作品を教えてよ!

このサイトで以前攻略したことがあるタイトルをまとめてみました。

今後もこの欄に追加していく予定です。

旧PS Plus(Now)のカードを買ってしまいました。どうしたらいいですか?

 未加入者エッセンシャルエクストラプレミアム
Plus 3ヶ月92 日分92 日分55 日分46 日分
Plus 12ヶ月365 日分365 日分219 日分184 日分
Now 1ヶ月24 日分43 日分28 日分24 日分
Now 3ヶ月64 日分127 日分76 日分64 日分
Now 12ヶ月249 日分496 日分297 日分249 日分

こちらが現在のプランに換算した表になります。

まだ何も加入していなければプランを選ぶことができますし、既に加入している人は表から対応した日数が追加されます。

旧PS Plusの人はそのままエッセンシャルに移行しているので、同じ日数が追加されるわけですね。

一方、旧PS Nowカードはレートが若干低め。

そうだ、1ヶ月だけプレミアムに加入してソフト落としまくったらいいよね?

エクストラとプレミアムは7日ごとにオンライン接続を求められます。

上位プランでソフトを落としまくった後、下位プランで延々とプレイするということはできません。

その技が使えるのはフリープレイ作品だけです。

あと1日~2日でトロコン出来るけど加入期限が切れる、って場合は有効かもしれませんね。

安くプレミアムに加入する方法はないわけ?

まずはエッセンシャルプランを限界まで買い足してください。

続いてプレミアムに一括アップグレードします。

長期にわたって加入していようが、値段は一律で12,750円となります。

つまりエッセンシャル10年分は約70,000円のアップグレード費用が必要となりますが、これが一括12,750円で済んでしまうということ。

詳しくはこちらの記事をどうぞ

今後は利用権の割引セールが開催される予定とのことなので、よくわかんない人はそれまで待つといいですね。

他に注意することある?

「プレミアムを体験して気づいたこと」「トロフィーの有無」などについて書いてみました。

配信タイトルが予告もなく突然消えることがあるので、早めにプレイしておこうということですね。

旧PS Nowから結構ソフトが消されている?

とりあえずPS4ソフト『Shadow Warrior 3』は予定通り7月4日で配信終了。

ソニックやメガドライブの名作など、PS3で好評だったセガ系のソフトは大量に削除されました。

原作コミックがあるような版権ゲームもほぼ撤去済。

非常に残念な仕打ちですが、現在プレミアムの遊び放題サービスは最大240本と数字が決まっているそうです。

古いものから消されるというのも致し方ないこのかもしれません。

PS Plus フリープレイ 7月追加分(~ 8月1日(月)

PS Plus フリープレイ 7月追加分(~ 8月1日(月)

今月のフリープレイタイトルは『クラッシュ・バンディクー4』『マン・オブ・メダン』 『Arcadegeddon』『Zero Strain』の4タイトルが追加。

北米のラインナップに比べて『Zero Strain』が1本多い構成となっています。

まさか、eastasiasoftのトロフィーブーストゲーが配布の対象になる日がくるとは思いもしませんでした。

公式PSストアはフリープレイの告知欄がなくなったので、余計使いづらくなってる感がありますね…。

とりあえず、PS4/PS5の両機種にまたがって配布しているタイトルは全てもらっておきましょう。

PSPlus エクストラ/プレミアム向けゲームカタログは”毎月中旬”に更新

フリープレイとは別に提供されているゲームサブスクですが、毎月中旬にラインナップが更新されるとのことです。

次回の更新は7月中旬予定ですね。

PS Plus加入者特典:7月分

意外と忘れがちな加入者特典。

エイペックスレジェンズやロケットリーグなどのキャラクタースキンが貰えたりするので、月に1回は覗いておきましょう。

今月提供された主なDLCは『Marvel’s Avengers (アベンジャーズ) – PlayStationPlus リワード』『BLEACH Brave Souls – ★5確定ガチャチケットパック』『ローラーチャンピオンズ – PlayStationPlusパック』など。

上に掲載したURLでは半分くらいしか回収できないので、ゲーム機本体の起動アイコンから確認してください。

PS5本体購入者にはPS4タイトルが18本もらえる

PS Plusコレクションと呼ばれるものです。

PS Plus加入期間はPS4タイトル18本が無料で遊べます。

意外とPS5買ったのに遊んでないという人が見受けられるので、とりあえずライブラリに加えておきましょう。

万が一サービスが終了しても、ダウンロード履歴を残しておけばずっと遊ぶことができます。

※ ペルソナ5は配布終了となりました。

 

フリープレイ作品のトロフィーを確認してみる

【PS4/PS5】クラッシュ・バンディクー4: とんでもマルチバース

【PS4/PS5】クラッシュ・バンディクー4: とんでもマルチバース
トロコン難易度5段階中 / 4.1
プレイタイム約100時間以上
公式サイトCrash Bandicoot 4: It’s About Time
公式ストアクラッシュ・バンディクー4: とんでもマルチバース
created by Rinker
アクティビジョン
¥3,603 (2022/08/10 21:36:47時点 Amazon調べ-詳細)

『クラッシュ・バンディクー4: とんでもマルチバース』概要

コミカルなパッケージアートとは裏腹に、中身はとんでもなく難しいアクションゲームです。

「クラッシュ・バンディクー”4″」と4番目であることを強調したタイトルになっていますが、実はナンバリングは6作目という本作。

2001年発売の『クラッシュ・バンディクー4 さくれつ!魔神パワー』がなかったコトにされたというわけではなく、マルチバースの名前の通り別の時間軸というストーリーが展開されているということになりました。

そもそも日本側で勝手に4作目を名乗っただけで、原題は「Crash Bandicoot: The Wrath of Cortex」というもの。

本作が正式なナンバリング4作目となるわけです。

昔は日本側に合わせてキャラクターデザインや難易度がマイルドになっていったのですが、今回は原点回帰を意識しているためか、初期の頃の突き放したような設計になりました。

ボス戦がバラエティ豊かで楽しいのですが、過去作に比べて削られたアクションも多く、今流行りの死にゲーに合わせて調整されている感があります。

昔のカジュアル層にも好評だったクラッシュ像を想像すると、痛いしっぺかえしを食らうので注意してください。

トロフィーの話

PS4版のトロコン率は0.4%。

(PS5版は0.7%)

ただでさえ難しいゲームなのに

  • 全ステージをノーミスクリア
  • 箱を全て破壊してクリア
  • 規定タイムより早くクリアするタイムアタック

という凄まじいやり込みを求められる項目があります。

「プラチナトロフィーは簡単に取れるように設定すべきではない」と考える人には最高のトロフィーリストとなってますね。

 

【PS4】THE DARK PICTURES: MAN OF MEDAN(マン・オブ・メダン)

THE DARK PICTURES: MAN OF MEDAN(マン・オブ・メダン)
トロコン難易度5段階中 / 2
プレイタイム約30時間以上
公式サイトhttps://darkpictures-jp.bn-ent.net/mom/
公式ストアTHE DARK PICTURES: MAN OF MEDAN(マン・オブ・メダン)
created by Rinker
バンダイナムコエンターテインメント
¥1,600 (2022/08/10 21:36:48時点 Amazon調べ-詳細)

『マン・オブ・メダン』概要

ホラー・アドベンチャー「THE DARK PICTURES」シリーズの第1弾。

『Until Dawn 惨劇の山荘』『クアリー 悪夢のサマーキャンプ』を開発したSUPERMASSIVE GAMES発の1話完結型ゲームですね。

休日のダイビング旅行へと繰り出した5人の若者達。

嵐の中でさまよう「マン・オブ・メダン号」を発見してから、彼らの運命の歯車が狂い始める…

というシネマティック・ホラーです。

同社のゲームをやったことがある人なら「ああ、登場人物は全員に死亡/生存パターンが用意されているのね」と想像がつくタイトルになっていることでしょう。

トロフィーの話

キュレーターズカット(無料DLC)必須。

これがないと収集物が全て手に入らないという罠があります。

基本的にアドベンチャーゲームなのでテクニックは必要ありませんが、QTEが面倒くさいという問題があります。

オプションでOFFにしても一部イベントはカットできないので注意。

仲間の生存/死亡パターンを見るためにも、本編を4~5周しなければなりません。

本作にはマッチング機能がないので、一緒にマルチプレイをやってくれるフレンドも必要となります。

 

【PS4/PS5】Arcadegeddon(アーケードゲドン)

Arcadegeddon(アーケードゲドン)
トロコン難易度5段階中 / ?
プレイタイム約?時間以上
公式サイト
公式ストアArcadegeddon【PS4版】 / 【PS5版】
created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥5,143 (2022/08/10 21:36:48時点 Amazon調べ-詳細)

『Arcadegeddon』概要

配信開始と同時にフリープレイ化。

開発は『Friday the 13th:The Game』や『Predator: Hunting Grounds』を手掛けたイルフォニックが担当。

ソロまたは最大4人で遊ぶ、PVEとPVPを組み合わせた協力型マルチプレイシューターです。

ランダム生成されたステージを他のプレイヤーと探索。

最初からクロスプラットフォームプレイに対応しているので、定着すれば一緒にやる相手には困らないかもしれませんね。

トロフィーの話

配信がはじまったばかりのタイトルにつき、詳しい攻略情報はありません。

トロフィーリストを見た感じ「各武器で500キル」「各アビリティで〇キル」「ヘッドショット100回」とオンラインゲームではあるある構成になっている気がします。

つまり、それなりに時間がかかるってことですね。

 

【PS4/PS5】Zero Strain(ゼロ ストレイン)

Zero Strain(ゼロ ストレイン)
トロコン難易度5段階中 / 1.5
プレイタイム約1時間30分
公式サイト
公式ストアZero Strain【PS4版】 / 【PS5版】

『Zero Strain』概要

ワイヤーフレームとネオンカラーで表現された見下ろし型のシューティングゲーム。

謎の生命体「ジ・エンド」の襲撃により宇宙ステーションは壊滅。

プレイヤーは取り残された女子アレイラと一緒に戦いに赴くというストーリー。

最初こそサクサク進むため面白ものの、機体によっては難易度が激変するというシステムが楽しくない作品です。

トロフィーの話

『Zero Strain』プラチナトロフィー取得の手引き【1時間30分ほど】

発売当時に執筆した攻略記事を貼っておきます。

まさかブーストゲーがフリープレイ化するとは思いもせず。

以前PS4版しか購入したことがない人は、PS5版もやっておくといいでしょう。

あとがき

Zero Strainの衝撃も冷めやらぬフリープレイ界隈ですが、今月中旬は新サービスのタイトル更新も待っています。

トロフィーを追い求める人はそちらの方もチェックする習慣をつけておきましょう。

いまだに新サービス開始の混乱が続いているPSストア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。