『TGS Sale』からトロフィー攻略記事を抜粋

平均トロフィー取得率は日本が1位。高難度ゲーにも挑戦しがち【CEDEC2022】

平均トロフィー取得率は日本が1位。高難度ゲーにも挑戦しがち【CEDEC2022】

ゲーム開発者向けイベント『CEDEC』が今年も開催

国内最大の開発者向け交流会である『CEDEC』が今年も開催されました。

YouTube版も公開されているので、一般ユーザーも講演の一部を視聴することができます。

 

行動

今回は『世界のPlayStationユーザーの行動履歴の検証』という題材でSIEが講演を行いました。

プラットフォーマーによるデータ発表だから、確かなソースの元にユーザーの行動が検証できるというわけですね。

この記事では日本ユーザーの項目だけを抜き出していろいろ語ってみたいと思います。

日本人はFree to Playが好き

日本人はFree to Playが好き

日本は高い割合でF2Pタイトルをプレイしているそうです。

PS5所有者になると、更にその確率は上がるんだとか。

F2P(Free to Play)とは基本無料、課金要素があるオンラインゲームのことです。

ぱっと思いつくのは『Apex Legends』『Fortnite』『原神』『PSO2』『Fallguys』辺りでしょうか。

 

ソニー事業説明会

ソニーの事業説明会からのグラフですが、ストア売上の4分の1がF2Pからの金額だということです。

ソフト購入よりも基本無料に課金派が結構多いですね。

 

OMP

OMP(オンラインマルチプレイヤー)は北米と欧州が強いそうです。

FF14やMHWはアジア以外で活況ということですね。

その辺はPC勢が強いのかもしれません。

日本ユーザーはソフト1本を大事にプレイする

日本ユーザーはソフト1本を大事にプレイする

日本ユーザーはソフト1本に対しての平均プレイ時間が長いそうです。

偉い。

管理人は移り気なので、いろいろなソフトを浅く広くプレイしてしまいます。

「面白くなるまでやってみよう」って人は開発者にとっても助かるのではないでしょうか。

 

F2P平均プレイ時間

こちらはシングルプレイのグラフ一覧。

緑色の欄がひとりで遊ぶ時間の割合ですね。

日本はほとんど一人用ゲームをしない…。

Nintendo Switchならともかく、PlayStationでもシングルプレイが半分以下とは思わなかったです。

日本はパッケージ版の割合が高い

日本はパッケージ版の割合が高い

日本のディスク版購入の割合が高いのは予測通りでしょう。

ソフトのダウンロード版が8,000円だとしたら、パッケージ版は6,500円ぐらいで買えます。

北米ストアのように最初から60ドルで売ってるわけではありませんし。

ただ、販売の割合はダウンロード版 > パッケージ版となっているのは全世界共通ですね。

ファミ通ランキングだけでは総売り上げ本数を割り出せなくなっています。

SIEの秋山氏が「まだまだディスク版を買う人が沢山いる、という事実を知ってほしい」と伝えていた部分が印象的でした。

PS VRのプレイ時間は伸びているがノンゲームの割合が高い

PS VRのプレイ時間は伸びているがノンゲームの割合が高い

  • ノンゲームのプレイ時間が長い
  • 特定のタイトルよりも、いろいろなものが幅広く遊ばれている

PS VR買ってFANZAでも見てるんでしょうか。

必ずしもそうとは限らないのかもしれませんが。

 

平均トロフィー取得率ランキングは日本が第1位

平均トロフィー取得率は日本が第1位

  • 直近1年間以内に発売されたタイトル
  • ゲームプレイランキングTOP100
  • 全地域がランクイン
  • プラチナトロフィーがあるタイトル

という条件に絞ってデータが公開されています。

つまりブーストゲーは含まないということですね。

先ほど公開されたグラフも併せて考えると、日本ユーザーは「ゲーム1本を長くプレイする。そしてトロフィーを多く獲得する傾向がある」と言えそうです。

 

アジアはプラチナ

ただプラチナトロフィー獲得ランキングになると、アジアと欧州の方が高いとのことです。

北米が群を抜いて低いですね。

大作にしろ、トロフィーにこだわったタイトルが一番リリースされているのは北米の気がするのですが…。

ブーストゲーマーの割合も見てみないと何とも言えないですね。

 

序盤頑張る

世界のトロフィー取得率分布表も紹介されています。

日本の場合は0~10%の割合が最も少ないということで、つまり「ソフト買った以上は序盤でやめたりしない」ということにもなります。

たまーにゲーム起動のトロフィーすら取ってないのか!と驚くことがありますが、さすがに日本はその割合が幾分少ないみたいですね。

あとがき

ガスコイン神父を倒す前に終了する日本ユーザーはいないってことですよ
created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥1,718 (2022/09/26 20:24:00時点 Amazon調べ-詳細)

2 COMMENTS

けびん

獲得率0%のゲームがチラホラある私は日本人じゃなかった?

VRすげーって思ったのは、サメが出てくる前の深海、やたら接近してくるアリソンちゃん、ファンザのゴニョゴニョです。次点はダライアス。

実際、重いし出すのがめんどい。

返信する
かなめ

>けびんさん
いやいや、0%のタイトルは皆あると思います
それにフルプラで買ったから合わなくても続けよう、フリプだからすぐ止めた、みたいなのもある気がします

サメとサマレとダライアスの衝撃には同意しておきます
起動して初めて見たのはYouTubeのジェットコースター動画でした
バイオ7が最初から最後までプレイできて感動しましたね

ヘッドセットの準備も面倒ですし、あとPS5にプロセッサーユニット繋ぐと、モニターへの映像出力がダウングレードしちゃうんですよね…

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。