HALLOWEEN SALEからトロフィー記事を抜粋

PS Now : PS Plus 7月更新分

psnow202007

PS Nowの7月新規タイトルが配信開始

Windows PCでもプレイ可、PS4版はダウンロードプレイに対応。

事実上の定額遊び放題サービスと生まれ変わったPS Now。

現在、7日間無料体験もあります。

よく無料体験なのに100円取るのかということが話題に上がりますが、これはCERO:Zタイトルが遊べるので年齢確認が必要なため。

クレジットカードが通るのか確認された後、約1ヶ月後に100円が返ってきます。

PS Plus更新分は事前に発表されますが、Nowは当日にならないと発表されません。

7月7日にタイトルが揃ったので羅列しておきます。

期間限定タイトル

ウォッチドッグス 2(~10月5日 月)

ubisoft.co.jp

オープンワールドアクションゲーム。

プラチナまでなら特別な腕前も必要とせずに20~30時間ほど。

DLCまで含めた100%となると、ショーダウンというオンライン対戦(2vs2)で4連勝するトロフィーが鬼門ですね。

STREET FIGHTER V(期間限定ですが終了日は未定)

www.capcom.co.jp

説明不要の対戦格闘ゲーム。

アップデートでほんの少し難易度は下がりましたが、それでもトロコンは至難の業。

今回プレイできるのは「アーケードエディション」です。

最新のアップデートが適用されていますが、使用できるのは初期の16名のみ。

まず「ファイトマネーを10万稼ぐ」というのが初期16名では絶望的です。レベルが上がったらお金をもらえるので、当然だんだんと稼ぎが悪くなります。DLCを導入しましょう。

「ランクマッチで300勝」「ゴールドリーグに到達」というのも難しいですね。

プラチナ取れる人はほとんどのゲームでトロコンできる人です。

恒久的に提供されるタイトル

デッドネーション:黙示録エディション

www.jp.playstation.com

アーケードゲームのようなクォータービューのシューター。

元々PS3用にリリースされたゲームを1080p化、DLCを収録した完全版となります。

PSN不正アクセス事件のお詫びに配布されたゲーム、という印象の方もいるのではないでしょうか。

トロコンまでに30時間。

難易度「ナイトメア」クリアが鬼門ですが、そこまでたどり着く間にルート取りも慣れていくのでクリアは十分可能です。

Coop系のトロフィーはコントローラ2つで解決。

PS Plus 7月追加分

NBA 2K20

nba2k.jp

八村塁選手も登場する、NBA公認のバスケットボールゲーム。

2000年に初代「2K」が登場し、以降毎年1作必ずリリースされています。タイトル後半の数字が増えるので次は2K21になるわけですね。

なんと1作で1000万本以上売るようなモンスター級のタイトルですが、日本ではいまいち人気がありません。

元はドリームキャスト専売のタイトルだったので、何でも早すぎるセガのネタにあがるソフトでもあります。

海外の掲示板ではトロコン難易度MAX、300時間以上という情報があって、トロファーは逆に狙いにいかないことが多いです。

ニッポンマラソン

www.arcsystemworks.jp

とことんネタに振り切ったアクションレースゲーム。

大半がゴールドトロフィーという面白い構成になっています。

ニッポン旅行ガイドのページを全て集めるという収集系のトロフィーが面倒なぐらいで、他に難しいところはありません。

RISE OF THE TOMBRAIDER(100円)

www.tombraider.jp

新生トゥームレイダーの第2作目。Xbox Oneの時限独占タイトルでした。

DLCまで含めると凄まじい量のトロフィーがあります。

VR対応ですがトロコンには関係ありません。

プラチナまでは30時間ほど、100%までは40~50時間ほど。

DLCにCoop関連のトロフィーがあるので大変です。

PS Plus10周年記念特別テーマ配布

store.playstation.com

海外のキャラ多め。

とりあえず貰っておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。