夏ゲームフェスからトロフィー攻略記事を抜粋

『アバター:フロンティア・オブ・パンドラ』『怒首領蜂大往生 臨廻転生』他、12月4日~10日発売のPS5・PS4タイトル【2023年12月第1週】

12月4日(月)~12月10日(日)のPS5・PS4ソフト販売予定表

2023年12月4日~12月10日発売の新作タイトル

【12月7日(木)】パッケージタイトル

2023年機種タイトル価格備考
12月7日(木)PS5アバター:フロンティア・オブ・パンドラ¥9,790公式
PS5ファイナルファンタジーVII リメイク インターグレード [新価格版]¥5,478公式
PS4Gimmick! Special Edition Collector's Box[限定版]¥11,480公式
PS4Gimmick! Special Edition[通常版]¥3,980
PS4ヤマノススメ Next Summit ~あの山に、もう一度~ [完全生産限定版]¥12,980公式
PS4ヤマノススメ Next Summit ~あの山に、もう一度~ [通常版]¥7,980
PS4怒首領蜂大往生 臨廻転生 [限定版]¥9,800公式
PS4怒首領蜂大往生 臨廻転生 [通常版]¥7,480

【12/5(火)】ダウンロード専用タイトル

機種タイトルサイト
PS5サイバーパンク2077 アルティメットエディション公式
PS5Arashi: Castles of Sin – Final Cut公式
PS4Apico公式
PS4Lake公式
PS4Tested on Humans: Escape Room公式
PS4Wytchwood公式

【12/6(水)】ダウンロード専用タイトル

機種タイトルサイト
PS4/PS5Battle Stations Blockade公式
PS4/PS5While the Iron’s Hot公式

【12/7(木)】ダウンロード専用タイトル

機種タイトルサイト
PS5Regular Factory: Escape Room公式
PS5Warhammer 40,000: Rogue Trader公式
PS4/PS5イービル・ナン:ザ・ブロークン・マスク公式
PS4/PS5Ruinarch公式
PS4Fall of the New Age公式

【12/8(金)】ダウンロード専用タイトル

機種タイトルサイト
PS4/PS5Fearmonium公式
PS4.T.E.S.T: Expected Behaviour公式
PS4Choice Clash: What Would You Rather?公式
PS4Sky Runners Infinite: Parkour公式

ゲームバーゲンからソフトをピックアップ

PS5 デジタル・エディション(旧型)カバー ギャラクティック パープル
が44%OFFの3,649円

PS5デジタル・エディション(旧型)のカバー「ギャラクティック パープル」が44%OFFの3,649円まで値下がりしています。

Blu-rayドライブの着脱ができる現在のデジタルエディションとは違いますが、旧型のカバーを探している人はいかがでしょうか。

 

現在開催中のPSストアセール案内

大作とインディー作品が満遍なく値引きされている「歳末感謝セール!」は12月20日(水)まで。

こちらの記事ではトロフィーが取れるゲームの紹介、およびセール対象品の一覧を掲載しています。

 

ゲームのひとこと紹介

  1. ”ディビジョン2″のMassive Entertainment制作。映画「アバター」から15年後の世界を描いたゲーム。探索型のオープンワールドアクションゲームとしてレベルの高そうなFPS『アバター:フロンティア・オブ・パンドラ
  2. 1992年にサンソフトよりファミコン用アクションゲームとして発売された「Gimmick!」が復活!巻き戻しとクイックセーブ機能も搭載!めちゃくちゃ高額なカセットとして常に名前が挙がる佳作『Gimmick! Special Edition
  3. 登山と女子高生をテーマにしたコミック(アニメ)がゲーム化。もう足掛け4期も放映している人気作。登山パートはスゴロクという形で表現したADVヤマノススメ Next Summit ~あの山に、もう一度~
  4. ネットミーム「死ぬがよい」の元ネタである弾幕系STG。単に「怒首領蜂(どどんぱち)」シリーズ第3作目の移植だけではなく、初期版とブラックレーベル(後期版)も収録。リマスターではなく「臨廻転生」というところにセンスを感じる『怒首領蜂大往生 臨廻転生
  5. アメリカ生まれのステルス忍者VRゲーム。PSVR「嵐:罪の城」のアッパーバージョン。PSVR2に移行したことにより、グラフィックも強化された『Arashi: Castles of Sin – Final Cut
  6. ゆったり養蜂シム。主人公の叔父と叔母が伝説の養蜂家のため、ガイドブックが異常に充実していて困ることもなし。スターデューバレーの蜂版といった趣の『Apico』
  7. 都会の喧騒に疲れた40代の女性が田舎で郵便配達。人生に正解という物はなく、都会に帰るも田舎に残るも全ては等価値として扱われる。そして、田舎が噂が広まりやすく、楽園というわけではない描き方もしているADV『Lake』
  8. 主人公はモルモット。実験の内容を突き止めて、この部屋から脱出しなければならない。数年前に流行った3D脱出ゲームの豪華版『Tested on Humans: Escape Room』
  9. 大人向けのグリム童話。お使いとアイテム収集が基本の2Dアドベンチャーゲーム。切り絵のようなビジュアルが美しい『Wytchwood』
  10. ブロックで構成された世界で3Dシューティングゲーム。簡易的なワールド・オブ・ウォーシップの匂いがする『Battle Stations Blockade』
  11. 鍛冶屋を開業し、廃村を再生させよ。島民と触れ合い、鍛冶の材料を求めてダンジョンを探索。RPGの戦闘がないバージョンといった2Dドットアドベンチャーゲーム『While the Iron’s Hot』
  12. 主観視点の3D脱出ゲーム。今度は工場から脱出せよ。2日前に前作が出たばかりなのに『Regular Factory: Escape Room』
  13. ミニチュアゲーム「Warhammer 40,000」の世界観を下敷きとするウォーゲーム。最近は日本での展開にも力を入れているようで、東京には「Warhammer Cafe&Store Tokyo」なるカフェも設立。開発は”パスファインダー”シリーズで有名なOwlcat Games。骨太のターン制ストラテジー『Warhammer 40,000: Rogue Trader
  14. モバイル向けで人気を博した「悪の修道女~恐怖の学校~」のPS4版。巨大ハンマーを握る狂気の修道女から逃れ、廃校からの脱出を目指すアクションアドベンチャーゲーム。おばあちゃんが襲ってくるゲームGrannyのフォロワー『イービル・ナン:ザ・ブロークン・マスク』
  15. 無限にストーリーを生成してくれるコロニーシム「RimWorld」のフォロワー。ただしファンタジーモノであるためか、村民のAIが賢くなく、盛り上がりに欠けてしまう『Ruinarch』
  16. 若き女泥棒マーラが盗賊団に捕らわれた弟を探しに行くというポイント&クリック型のアドベンチャーゲーム。10年前に発売されたゲームがなぜ今になって移植?『Fall of the New Age』
  17. そのまま例えるなら”CupHeadのメトロイドヴァニア版”といった作品。アニメーションは大変素晴らしいが、マップが複雑になっているのが残念な『Fearmonium』
  18. 時間を操って難局を乗り切っていく主観視点のパズルゲーム。例えば高速で飛んでいる複数の玉をとめて、一直線にそろえるなど。自由度は高い反面、正解はやや大味『.T.E.S.T: Expected Behaviour』
  19. ひたすら投票を繰り返して結果を見るだけのゲーム。例えば「未来と過去、どっちに行きたい?」といった質問が満載。ネットに繋ぐと、他のユーザーが何を選んだのか確認することができる『Choice Clash: What Would You Rather?』
  20. 今週のMidnight Works枠。タイトルやゲーム内容からゴーストランナーの模造品だと分かる『Sky Runners Infinite: Parkour』

購入予定&あとがき

今週の購入予定

  • なし

FPS『アバター』も気になりますが、完全にコンテンツが出揃ってからプレイしようと思います。

今週は積みゲを消化する予定。

家の大掃除もしないといけないので
created by Rinker
花王(Kao)
¥2,045(2024/07/12 04:06:35時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です