PS5本体の価格改定に合わせて、プレイステーションクリニックの修理費も値上げとなる | トロびぼ
BWセール第2弾からトロフィー攻略を抜粋

PS5本体の価格改定に合わせて、プレイステーションクリニックの修理費も値上げとなる

PS5本体の価格改定に合わせて、プレイステーションクリニックの修理費も値上げとなる

PS5本体とコントローラ(DualSense)の修理費が2023年12月8日から値上げとなる模様

SIEは2023年12月9日に「オンライン修理受付サービス」の項目を更新。

同年12月7日までに到着した周辺機器を改定前の価格として、12月8日から到着した破損品に関しては新しい修理費を適用すると発表しました。

一応、オンラインでPSクリニックに連絡すると修理費が10%割引になるというサービスもあり、値引きした状態で新旧の修理料金を比較してみたいと思います。

オンライン修理の場合
改定前改定後
外装部品の交換7,150円外装部品の交換11,000円
電源ブロックの交換9,350円電源ブロックの交換13,200円
メイン基板の交換27,500円メイン基板の交換36,300円
ディスク読取部交換8,800円ディスク読取部交換12,100円
DualSenseの修理6,050円DualSenseの修理7,480円

DualSenseの値段が7678円(旧)から9480円(新)に値上がりしたと考えて、修理費は6,050円から7480円になった…と。

コントローラはときどき値下がりするため、新品を買った方がいいかもしれません

PS5本体とDualSense以外の修理費は据え置き

今回値上がりしたのはPS5とDualSenseの修理料金です。

PS4、PS4Pro、DUALSHOCK 4、PS VR、PS VR2、PS Vitaに関しては従来通りの修理費が適用されます。

そちらの製品を愛用している人にとっては一安心といったところでしょうか。

あとがき

非公式の修理屋さんが繁盛しそうな予感

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です