“The Game Awards 2023”受賞作と新情報まとめ。『モンハン』『小島監督”OB”』『DBスパーキング』新作も発表に | トロびぼ
BWセール第2弾からトロフィー攻略を抜粋

“The Game Awards 2023”受賞作と新情報まとめ。『モンハン』『小島監督”OB”』『DBスパーキング』新作も発表に

- Index -

2023年12月8日午前9時30分から『The Game Awards 2022』が開催

ニコニコの日本語同時翻訳動画はこちら

世界中のメディアやゲームファンの投票によって優れたゲームを表彰する「The Game Awards 2023」が12月8日午前9時30分から開催されました。

TGAは何万人ものゲームユーザーから注目を集める式典ということもあり、新作のタイトルの発表も一緒に行われるのが恒例となっています。

それでは以下に部門賞、大賞受賞作を一挙にまとめてみました。

The Game Awards 2022 受賞作品まとめ

ゲーム オブ ザ イヤー(年間大賞)

大賞:Baldur’s Gate 3 (Larian Studios)

  • Alan Wake 2 (Remedy Entertainment/Epic Games Publishing)
  • Marvel’s Spider-Man 2 (Insomniac Games/SIE)
  • バイオハザード RE:4 (Capcom)
  • スーパーマリオブラザーズ ワンダー (Nintendo EPD/Nintendo)
  • ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム (Nintendo EPD/Nintendo)

ベスト ゲーム ディレクション

受賞:Alan Wake 2 (Remedy Entertainment/Epic Games Publishing)

  • Baldur’s Gate 3 (Larian Studios)
  • Marvel’s Spider-Man 2(Insomniac Games/SIE)
  • スーパーマリオブラザーズ ワンダー (Nintendo EPD/Nintendo)
  • ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム (Nintendo EPD/Nintendo)

ベスト アダプテーション(ゲームが原作の優れたメディア)

受賞:The Last of Us (PlayStation Productions/HBO)

 

  • 悪魔城ドラキュラ -キャッスルヴァニア-: 月夜のノクターン (Powerhouse Animation/Netflix)
  • グランツーリスモ (PlayStation Productions/Sony Pictures)
  • 映画スーパーマリオブラザーズ (Illumination/Nintendo/Universal Pictures)
  • Twisted Metal (PlayStation Productions/Peacock)

ベスト ナラティブ(語り手自身が物語を紡ぐタイトル)

受賞:Alan Wake 2 (Remedy Entertainment/Epic Games Publishing)

  • Baldur’s Gate 3 (Larian Studios)
  • サイバーパンク2077:仮初めの自由 (CD Projekt Red)
  • ファイナルファンタジー16 (Square Enix)
  • Marvel’s Spider-Man 2 (Insomniac Games/SIE)

ベスト アート ディレクション

受賞:Alan Wake 2 (Remedy Entertainment/Epic Games Publishing)

  • Hi-Fi Rush (Tango Gameworks/Bethesda Softworks)
  • Lies of P (Round8 Studio/Neowiz Games)
  • スーパーマリオブラザーズ ワンダー (Nintendo EPD/Nintendo)
  • ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム (Nintendo EPD/Nintendo)

ベスト スコア&ミュージック

受賞:ファイナルファンタジー16, コンポーザー 祖堅正慶(Square Enix)

  • Alan Wake 2, Composer Petri Alanko (Remedy Entertainment/Epic Games Publishing)
  • Baldur’s Gate 3, Composer Borislav Slavov (Larian Studios)
  • Hi-Fi Rush, Audio Director Shuichi Kobori (Tango Gameworks/Bethesda Softworks)
  • ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム, Composed by Nintendo Sound Team (Nintendo EPD/Nintendo)

ベスト オーディオ デザイン

受賞:Hi-Fi Rush (Tango Gameworks/Bethesda Softworks)

  • Alan Wake 2 (Remedy Entertainment/Epic Games Publishing)
  • Dead Space (Motive Studio/EA)
  • Marvel’s Spider-Man 2 (Insomniac Games/SIE)
  • バイオハザード RE:4 (Capcom)

ベスト パフォーマンス(演技が上手かった役者)

受賞:Neil Newbon, Baldur’s Gate 3

  • Ben Starr, ファイナルファンタジー16
  • Cameron Monaghan, STAR WARS Jedi: Survivor
  • Idris Elba, サイバーパンク2077:仮初めの自由
  • Melanie Liburd, Alan Wake 2
  • Yuri Lowenthal, Marvel’s Spider-Man 2

イノベーション イン アクセシビリティ(ゲーム内コンフィグが優れているゲーム)

受賞:Forza Motorsport (Turn 10 Studios/Xbox Game Studios)

  • Diablo IV (Blizzard Entertainment)
  • Hi-Fi Rush (Tango Gameworks/Bethesda Softworks)
  • Marvel’s Spider-Man 2 (Insomniac Games/SIE)
  • Mortal Kombat 1 (NetherRealm Studios/WB Games)
  • ストリートファイター6 (Capcom)

ゲームズ フォー インパクト

受賞:Tchia (Awaceb/Kepler Interactive)

  • A Space for the Unbound (Mojiken Studio/Toge Productions/Chorus)
  • Chants of Sennaar (Rundisc/Focus Entertainment)
  • Goodbye Volcano High (KO_OP)
  • Terra Nil (Free Lives/Devolver Digital/Netflix)
  • Venba (Visai Games)

ベスト オンゴーイング ゲーム(アップデートで評価を上げた作品)

受賞:サイバーパンク2077 (CD Projekt Red)

  • Apex Legends (Respawn Entertainment/EA)
  • ファイナルファンタジー14 (Square Enix)
  • フォートナイト (Epic Games)
  • 原神 (HoYoverse)

ベスト コミュニティ サポート

受賞:Baldur’s Gate 3 (Larian Studios)

  • サイバーパンク2077 (CD Projekt Red)
  • Destiny 2 (Bungie)
  • ファイナルファンタジー14 (Square Enix)
  • No Man’s Sky (Hello Games)

ベスト インディペンデント ゲーム

受賞:Sea of Stars (Sabotage Studio)

  • Cocoon (Geometric Interactive/Annapurna Interactive)
  • Dave the Diver (MINTROCKET)
  • Dredge (Black Salt Games/Team 17)
  • Viewfinder (Sad Owl Studios/Thunderful Publishing)

『デイヴ・ザ・ダイバー』はインディーじゃないだろ、と激しい突っ込みを受けたので、Sea of Stars受賞で良かったですね。

ベスト デビュー インディーゲーム

受賞:Cocoon (Geometric Interactive/Annapurna Interactive)

  • Dredge (Black Salt Games/Team 17)
  • Pizza Tower (Tour de Pizza)
  • Venba (Visai Games)
  • Viewfinder (Sad Owl Studios/Thunderful Publishing)

ベスト モバイルゲーム

受賞:崩壊スターレイル (HoYoverse)

 

  • ファイナルファンタジー7: エバークライシス (Applibot/Square Enix)
  • Hello Kitty Island Adventure (Sunblink Entertainment)
  • モンスターハンターNow (Niantic/Capcom)
  • Terra Nil (Free Lives/Devolver/Netflix)

ベスト VR / ARゲーム

受賞:バイオハザード ヴィレッジ VR Mode (Capcom)

  • グランツーリスモ7 (Polyphony Digital/SIE)
  • Humanity (tha LTD/Enhance Games)
  • Horizon Call of the Mountain (Guerrilla Games/Firesprite/SIE)
  • Synapse (nDreams)

ベスト アクションゲーム

受賞:アーマード・コアVI: Fires of Rubicon (FromSoftware/Bandai Namco)

  • Dead Island 2 (Dambuster Studios/Deep Silver)
  • Ghostrunner 2 (One More Level/505 Games)
  • Hi-Fi Rush (Tango Gameworks/Bethesda Softworks)
  • Remnant 2 (Gunfire Games/Gearbox Publishing)

ベスト アクション / アドベンチャーゲーム

受賞:ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム (Nintendo EPD/Nintendo)

  • Alan Wake 2 (Remedy Entertainment/Epic Games Publishing)
  • Marvel’s Spider-Man 2 (Insomniac Games/SIE)
  • バイオハザード RE:4 (Capcom)
  • Star Wars Jedi: Survivor (Respawn Entertainment/EA)

ベスト RPG

受賞:Baldur’s Gate 3 (Larian Studios)

  • ファイナルファンタジー16 (Square Enix)
  • Lies of P (Round8 Studio/Neowiz Games)
  • Sea of Stars (Sabotage Studio)
  • スターフィールド (Bethesda Game Studios/Bethesda Softworks)

ベスト ファイティングゲーム

受賞:ストリートファイター6 (Capcom)

  • God of Rock (Modus Studios Brazil/Modus Games)
  • Mortal Kombat 1 (NetherRealm Studios/WB Games)
  • Nickelodeon All-Star Brawl 2 (Ludosity/Fair Play Labs/GameMill Entertainment)
  • Pocket Bravery (Statera Studio/PQube)

ベスト ファミリーゲーム

受賞:スーパーマリオブラザーズ ワンダー (Nintendo EPD/Nintendo)

  • Disney Illusion Island (Dlala Studios/Disney)
  • Party Animals (Recreate Games)
  • ピクミン4 (Nintendo EPD/Nintendo)
  • ソニック スーパースターズ (Arzest/Sonic Team/Sega)

去年はスプラ3が受賞していたということで、任天堂はやはりファミリーに強いですね。

ベスト シム / ストラテジーゲーム

受賞:ピクミン4 (Nintendo EPD/Nintendo)

  • Advance Wars 1+2: Re-Boot Camp (WayForward/Nintendo)
  • Cities: Skylines II (Colossal Order/Paradox Interactive)
  • Company of Heroes 3 (Relic Entertainment/Sega)
  • ファイアーエムブレム エンゲージ(Intelligent Systems/Nintendo)

ベスト スポーツ / レーシング

受賞:Forza Motorsport (Turn 10 Studios/Xbox Game Studios)

  • EA Sports FC 24 (EA Vancouver/EA Romania/EA Sports)
  • F1 23 (Codemasters/EA Sports)
  • Hot Wheels Unleashed 2: Turbocharged (Milestone)
  • The Crew Motorfest (Ubisoft Ivory Tower/Ubisoft)

ベスト マルチプレイヤー

受賞:Baldur’s Gate 3 (Larian Studios)

  • Diablo IV (Blizzard Entertainment)
  • Party Animals (Recreate Games)
  • ストリートファイター6 (Capcom)
  • スーパーマリオブラザーズ ワンダー (Nintendo EPD/Nintendo)

モスト アンティシペイテッド ゲーム(今後期待されるタイトル)

受賞:・ファイナルファンタジー7 リバース (Square Enix)

  • Hades II (Supergiant Games)
  • 龍が如く8 (Ryu Ga Gotoku Studio/Sega)
  • Star Wars Outlaws (Massive Entertainment/Ubisoft)
  • Tekken 8 (Bandai Namco/Arika)

コンテンツ クリエイター オブ ザ イヤー(ゲーム業界を盛り上げる動画を出し続けた人)

受賞:IronMouse

  • PeopleMakeGames
  • Quackity
  • Spreen
  • SypherPK

IronMouse氏は難病と闘いながらVtuberを続けているのが評価されたのかもしれません。

ベスト eスポーツゲーム

受賞:Valorant (Riot Games)

  • Counter-Strike 2 (Valve)
  • Dota 2 (Valve)
  • League of Legends (Riot Games)
  • PUBG Mobile (LightSpeed Studios/Tencent Games)

ベスト eスポーツアスリート

受賞:Lee “Faker” Sang-hyeok (League of Legends)

  • Mathieu “ZywOo” Herbaut (CS:GO)
  • Max “Demon1” Mazanov (Valorant)
  • Paco “HyDra” Rusiewiez (Call of Duty)
  • Park “Ruler” Jae-hyuk (League of Legends)
  • Phillip ”ImperialHal” Dosen (Apex Legends)

ベスト eスポーツチーム

受賞:JD Gaming (League of Legends)

  • Evil Geniuses (Valorant)
  • Fnatic (Valorant)
  • Gaimin Gladiators (Dota 2)
  • JD Gaming (League of Legends)
  • Team Vitality (Counter-Strike)

ベスト eスポーツコーチ

受賞:Christine “potter” Chi (Evil Geniuses – Valorant)

  • Danny “zonic” Sorensen (Team Falcons – Counter-Strike)
  • Jordan “Gunba” Graham (Florida Mayhem – Overwatch)
  • Remy “XTQZZZ” Quoniam (Team Vitality – Counter-Strike)
  • Yoon “Homme” Sung-young (JD Gaming – League of Legends)

ベスト eスポーツイベント

受賞:2023 League of Legends World Championship

  • Blast.tv Paris Major 2023
  • EVO 2023
  • The International Dota 2 Championships 2023
  • VALORANT Champions 2023

プレイヤーズ ボイス(ユーザー投票)

受賞:Baldur’s Gate 3 (Larian Studios)

  • サイバーパンク2077:仮初めの自由 (CD Projekt Red)
  • 原神 (HoYoverse)
  • Marvel’s Spider-Man 2(Insomniac Games/SIE)
  • ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム (Nintendo EPD/Nintendo)

見事、Game Of The Year 2023の栄冠に輝いたのはLarian Studiosの『バルダーズゲート3』となりました。

去年の今頃は「2023年はティアキンが取るだろう」と予測していたのですが、まさか当時発売日も決まっていないタイトルが全てをさらっていくとは思いませんでした。

同社のフリーRPG『ディヴィニティ:オリジナル・シン』からのファンである人にとっては、感慨深いものがあったのではないでしょうか。

ノミネート7部門の『Marvel’s Spider-Man 2』が無冠に終わるほど、今年のTGAは非常にハイレベルな作品が揃ったように思います。

とりあえず大賞のバルダーズゲート3発売に備えて、Larian Studiosのサイトからアカウントを取っておくといいんじゃないでしょうか。

『The Game Awards 2023』新作発表まとめ

2人同時操作『ブラザーズ 2人の息子の物語』リメイクが2024年2月28日に発売

病気で倒れた父を救うため、Lスティックで兄、Rスティックで弟を操作するアクションアドベンチャーゲームです。

のちと怪作と言われる『It Takes Two』の源流を楽しめるタイトルともなっているので、この機会にプレイしてみてはいかがでしょうか。

機種はPS5/Xbox Series X|S、発売日は2024年2月28日発売予定。

 

サスペンス × パズル『Pony Island2 PANDA CIRCUS』発表

ホラー脱出ゲーム『Inscryption』を製作したスタッフの新作。

ゲームのプレイ画面公開というよりも、実写、ドット絵、パンダ、プログラムコードが入り乱れるカオスなトレーラーに仕上がっていました。

発売日と対応機種に関しては未定。

 

『アークナイツ:エンドフィールド』PS5でも配信決定。事前登録開始

本編『アークナイツ』のシステムをリアルタイム戦略ゲーとして落とし込んだ『エンドフィールド』がPS5にて配信決定。

早速、事前登録が行われているため、配布アイテムに期待したい人は真っ先にエントリしておくようにしましょう。

配信時期は未定。

 

“Dead Cells”開発チームの新作『Windblown』が発表に

ローグライトとメトロイドヴァニアを掛け合わせた「Dead Cells」を製作したチームの新作。

ゲーム画面は斜め見おろしとなり、内容は最大4人で遊ぶローグライトアクションとなるとのこと。

今のところ、対応機種はSteamのみ。

 

寿司屋経営『デイヴ・ザ・ダイバー』が釣りゲー『DREDGE』とコラボ

コロコロコミックで連載もしているカオス寿司屋経営ゲー『デイヴ・ザ・ダイバー』が釣りゲー『DREDGE』とコラボするそうです。

無料DLCは12月15日(金)よりSteam、Nintendo Switchにて配信予定。

 

“ペルソナ”チーム新作『メタファー:リファンタジオ』の新映像が公開、発売時期は2024年秋の予定

コンセプトアーティストは幸田和磨氏、そして“鎧戦車”デザイン原案は山下いくと氏。

著名クリエイターの参画と日本語ボイスキャストの一部が発表されました。

発売時期は2024年秋予定で、対応プラットフォームはPS5、PS4、Xbox Series X|S、Steam。

 

SIE『ゴッド・オブ・ウォー ラグナロク』無料DLC「ヴァルハラ」が12月13日に配信決定

『ゴッドオブウォー ラグナロク』の無料DLCが12月13日に配信決定。

これは本編のエピローグが描かれる重要なものになるそうで、ゲームシステムはローグライトを織り交ぜた実験的なアクションになるとのこと。

 

いたずらガチョウゲー”Untitled Goose Game”開発スタッフの新作『Big Walk』が2025年に登場

ユーザーから好評を博した『Untitled Goose Game 〜いたずらガチョウがやって来た!〜』開発スタッフの新作が発表になりました。

トレーラーはカオスなものに仕上がっており、鳥人間がその辺をうろつくだけの映像になってます。

発売は再来年の予定なので、とりあえず気長に待つことにしましょう。

 

ヘルブレードの続編『Senua’s Saga: Hellblade II』が2024年に発売決定。初日からゲーパスに対応

2024年にXbox Series X|S、Steamにて発売予定。

本作の制作がアナウンスされたのは2019年のTGAだったために、発表から長い月日をかけて完成させたことになります。

メディアの先行レビューでは早くも「名作」との声が上がっており、期待に胸を膨らませながら待っても大丈夫なクォリティみたいですね。

 

非対称対戦”DbD”の世界を舞台にした『キャスティング・オブ・フランク・ストーン』発表

本作の開発を手掛けるのは『UNTIL DAWN』や『クアリー』などで知られるSupermassive Games。

もう血みどろのホラーになることは確定のような開発スタッフですね。

本作『The Casting of Frank Stone』は2024年にPS5、Xbox Series X|S、Steam、Epic Games Store、Microsoft Storeにて発売予定。

 

“ベヨネッタ””ゴーストワイヤー”コンセプトアート中村育美氏の新作『KEMURI』が発表

管理人が個人的に好きなアートディレクター中村育美氏、及びスタジオUNSEENの新作です。

大手Tango Gameworksを退社してから一発目の作品1になりますね。

具体的なゲームシステムや販売プラットフォームは今のところ不明。

 

SEGA『クレイジータクシー』『ジェット セット ラジオ』『Shinobi』『ゴールデンアックス』『ベア・ナックル』など、旧IPを一遍に復活させる意向

ここにきてSEGAが休眠しているIPを一気に復活させる意向を示してくれました。

かねがね噂のあった『バーチャファイター』は掲載されてませんが、発表されるのも時間の問題かとは思います。

何気に他社が販売した『ベアナックル4』が約300万本ぐらい売れたそうなんで、ここ最近は市場の需要を調べていたということなんでしょうか。

 

聖剣シリーズ新作『聖剣伝説 VISIONS of MANA』2024年発売予定

聖剣シリーズ約16年ぶりのメインタイトル『聖剣伝説 VISIONS of MANA』が発表に。

対応ハードはPS5、PS4、Xbox SX|S、Steam。

とりあえずセミオープンワールドになるということだけは発表がありました。

 

HoYoverse新作『ゼンレスゾーンゼロ』2024年リリースが決定

『原神』『崩壊スターレイル』でおなじみHoYoverseの新規IP。

ジャンルはファンタジーRPGです。

現在、開発は第2次クローズドβテストまで進んでいる模様。

今回はクロスプラットフォームで展開することが発表されており、おそらくPS5も対象になっているだろうという見込みですね。

 

PS5『Rise of the Ronin』2024年3月22日に発売決定。全年齢版とCERO:Z版の2パターンを用意

本作『Rise of the Ronin』は「仁王」や「NINJA GAIDEN」で知られるTeam NINJAが開発する新作。

販売価格は8,980円に決定。

バイオハザードやサイコブレイクと同じく、全年齢版とCERO:Z版の販売形態をとることが公式ブログで発表されました。

 

スパーキングシリーズ新作『ドラゴンボール Sparking! ZERO』新映像が公開に

一瞬だけ映るサタン様が素敵なアナウンスメントレーラーが公開に。

対応プラットフォームはPS5、Xbox Series X|Sで発売予定。

発売日は未定となっています。

 

Xbox Game Studiosと提携した小島秀夫監督の新作『OD』が発表

マイクロソフトのクラウド技術を利用した新作『OD』が発表されました。

これまでの小島秀夫監督作品と同様に企画・脚本・ゲームデザインを自身が手がけるそうで、新規IPを求めていた人にはこれ以上ないサプライズになったのではないかと思います。

 

『FF7 リバース』新映像が公開。意味ありげなエアリスの黙祷するシーンも公開

2024年2月29日発売予定。

PS5『ファイナルファンタジーVII リバース』の新映像が公開。

相変わらず「異常なお金をかけて、違和感すら豪勢に再現する」というコンセプトは変わってないみたいですね。

原作だと一瞬で終わるダインのくだりもツダケンを起用するとか、プリシラの人工呼吸にもムービーを用意するとか、いろいろ間違ってる(誉め言葉)

 

『Apex Legends』が『FF7 リバース』とコラボ決定

元スクエニ、現EA所属の野口ショーンさんが発起人となったコラボイベント「Apex Legends × FINAL FANTASY  VII REBIRTH」が発表となりました。
トレーラーではバスターソードをぶんぶん振り回すクリプトくんが見えますね。
配信は2024年1月10日予定。

『ライフ イズ ストレンジ』制作スタッフの新作『Lost Records』2024年末に発売

プラットフォームはPS5、Xbox Series X|S、Steam。

発売時期は2024年末。

トレーラーを見る限り、ライフイズストレンジに若干のホラーテイストを追加したような雰囲気を感じますね。

その辺も友達と死体を探しにいく青春映画「スタンドバイミー」の影響を受けていそうな気がします。

 

MORPG『アラド戦記』と世界観を共有する新作『ファーストバーサーカー:カザン』が発表

アラド戦記と世界観を共有するシングルプレイ専用のハードコアアクションRPGです。

対応プラットフォームは少し曖昧にしており、プレイステーション、Xbox、PCとだけ公表されました。

 

『崩壊:スターレイル』で新キャラ・黄泉(CV:沢城みゆき)発表

TGA2023にてベスト・モバイルゲームを受賞。

それを記念して公開された映像です。

崩壊3rd民からすれば「雷電 芽衣が来た!」となるはずなんですが、大半のプレイヤーが原神からHoYoverseへ参加したために「雷電将軍だ!」となってるキャラですね。

 

マーベルコミック『BLADE』のゲーム化が決定。開発はデスループのArkane Studios

半吸血鬼のヴァンパイアハンター、エリック・ブルックスが主役の『BLADE』がゲーム化決定。

2024年にはマハーシャラ・アリが主演の実写映画も公開が予定されています。

 

最大48人でメカバトル『Mecha BREAK』発表

元々は「Code B.R.E.A.K」として発表されていたオンラインゲームが『Mecha BREAK』と正式に決定。

普段は3人または6人チームでミッションを遂行し、オンラインで最大48人でメカバトルが可能となります。

近々クローズドテストを展開予定。

 

西遊記をモチーフにしたアクションRPG『黒神話:悟空』の発売日が2024年8月20日に決定

発売日が2024年8月20日に決定。

対応プラットフォームはPS5、Xbox Series X|S、Steam。

昔、PS3でリリースされた『エンスレイブド』を思わせる一作ですね。

 

アジア版サイパーパンク『Last Sentinel』が発表

近未来の東京を舞台にしたオープンワールドアクションゲーム「Last Sentinel」が発表になりました。

対応プラットフォームや発売の時期に関しては特にアナウンスがありません。

いい感じというか、割と個人的に気になる作品ですね。

 

元”ディビジョン”開発チーム制作のオープンワールドシューター『EXOBORNE』発表

アイテムを手に入れてから脱出するという、いわゆるタルコフ系といわれるシューターをテーマにしたオープンワールドゲームです。

プレイヤーは強力なアビリティを駆使して、自然環境が絶え間なく変化する世界を探索して、物語を解き明かしていく作品になるそうです。

主役のヒゲおじが格好良すぎてもう…。

 

PAYDAYスタッフの新作強盗げーむ『DEN OF WOLVES』が発表

本作は近未来を舞台にした協力型FPSです。

対応プラットフォームは今のところPCだけですが、多分、コンシューマでも発売されそうな気がします。

 

格ゲー『GUILTY GEAR -STRIVE-』追加キャラ・エルフェルトが参戦

前作に引き続きラムレザルの妹「エルフェルト」が参戦決定。

衣装を一新しての再登場となります。

これはあくまでも主観なんですが、ずっとドリキャス当時のイメージを壊さないようなキャラデザで素晴らしいと思いますね。

登場BGMもデスボイスが採用されており、さすがの一言に尽きます。

 

『FF16』DLC第1弾「空の残響」が本日配信。リヴァイアサンやトンベリも登場する第2弾も2024年春配信予定

リアルなトンベリが怖いDLC第2弾の映像。

オメガが塔の屋上に待ち受けており、FF14の旧作を最新技術で蘇らせる流れはFF16になっても健在のようです。

 

No Man’s Sky開発会社の新作『Light No Fire』発表。舞台は宇宙からファンタジー世界へ

ファンタジーな地球を旅するオープンワールドゲームです。

同社が手掛けるノーマンズスカイと同じくアップデートは延々とやってくれるとのことで、期待は高まりますね。

 

建物も破壊できるFPS『THE FINALS』本日配信

仮想世界で建物をぶっ壊しながら戦う基本無料FPS『The Finals』が本日サプライズ配信となりました。

対応プラットフォームはPC、PS5、Xbox Series X|S。

ゲーム容量も約10GBぐらいなので、気軽にプレイしてみるといいんじゃないでしょうか。

 

スローライフMMO 『Palia』Switch版の配信日が12月14日に決定

ディズニーのカートゥーンに近いグラフィックを実現したスローライフMMO 『Palia』が12月14日に配信開始。

対応プラットフォームはSteam、Epic Store、Switchの予定です。

 

モンハン最新作『モンスターハンター ワイルズ』2025年に発売予定

モンハン最新作は2025年にPS5、Xbox Series X|S、Steamにて発売予定。

今度はクロスプレイを可能にしてほしいのですが、その辺の続報は2024年夏ごろになるとのこと。

 

シングルプレイ『ジュラシック・パーク:サバイバル』発表。1993年版「ジュラシック・パーク」映画翌日のイスラ・ヌブラル島が舞台

シリーズ最大のヒットを記録したジュラシック・ワールドではなく、あえて旧作の映画版をフューチャーした新作。

まだCGが浸透していない時代に革新的な映像表現を用いたタイトルでもあり、ゲームも生半可な映像美ではがっかりされる可能性もある作品です。

第1トレーラーの迫力はさすがの一言。

対応プラットフォームはPC、PS5、Xbox X|Sの予定。

 

DCユニバース新作『スーサイド・スクワッド キル・ザ・ジャスティス・リーグ』新映像公開

トレーラーには闇落ちしたスーパーマンの姿も。

んー、各キャラの表情とかフィールドの広さが絶品ですね。

一目で次世代クォリティと分かるというかPS5 / Xbox Series Xパワーすごい。

 

主人公が星間ワープしている間に周りは凄い勢いで時間が流れていく『EXODUS』発表

相対性理論がテーマのアドベンチャーゲーム。

担当のディレクターのJames Ohlen氏によると「12歳の頃からこのテーマが好き」ということで、入魂の一作になりそうです。

日本でも『トップをねらえ!』のラストシーンが好きな人も多いですし、気持ちはよくわかりますね。

 

耳が不自由な女の子が主役のミュージカル風ゲーム『Harmonium the Musical』発表

The Odd Gentlemenがアニメミュージカル風ゲーム『Harmonium the Musical』を発表しました。

対応プラットフォームはネットフリックス / ゲームパスになるとのこと。

 

あとがき

近年稀にみるハイレベルなGOTY争いとなりました。

今年プレイしていないタイトルだけでも2024年を過ごせるほどに濃密な1年だったように思います。

一方、新作は『聖剣伝説VoM』以外にPS4対応タイトルがなくなり、いよいよ世代交代が目前に迫っているを暗に伝えるようなイベントでもありました。

とにかくゲーム好きの人が失神するような、圧巻の物量だったんじゃないでしょうか。

急いで積みゲーの消化に戻ることにします
created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥66,980 (2024/02/26 15:31:14時点 Amazon調べ-詳細)
  1. 中村氏個人として仕事をした作品は除く

2 COMMENTS

匿名

受賞作品は概ね予想通りでしたが今年は発表内容すごかったですよね!
でもドグマ2かローニンは1週間でもいいから発売日ずらして

返信する
かなめ

>受賞作品は概ね予想通りでした
おお…すごい…

何だか肩入れしてしまって「RE:4は!?」「ホグワーツは!?」「スパイダーマン2は!?」「スターフィールドは!?」「FF16は!?」「ゼルダ!」「アランウェイク!」「ジェダイサバイバー!」とか延々とやってました

>今年は発表内容すごかったですよね!
すごかったです
ゲームライターさんが「なぜ皆、正気を保ってられるんだ!?」と言ってましたが、それに近いものを感じてました

>ドグマ2かローニン
同じ日に発売なんですね
怖いこと言わないでください

個人的に期待してるアローン・イン・ザ・ダークまで3月20日となると聞いて失神しそうなんです

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です