夏ゲームフェスからトロフィー攻略記事を抜粋

『ELDEN RING』他、今週発売の新作PS5・PS4タイトル【2022年2月第4週】

エルデンリング

今週発売の新作PS5タイトル

【2/24(木)】パッケージタイトル

【2/25(金)】パッケージタイトル

【2/24(木)】ダウンロード専用タイトル

タイトル 価格 サイト
ワン・ナイト・スタンド 500円 [ 公式 ]
Martha Is Dead [ 公式 ]

今週発売の新作PS4タイトル

【2/24(木)】パッケージタイトル

【2/24(木)】廉価版タイトル

【2/25(金)】パッケージタイトル

【2/22(火)】ダウンロード専用タイトル

タイトル 価格 サイト
ソルクレスタ 4,378円 [ 公式 ]

【2/24(木)】ダウンロード専用タイトル

タイトル 価格 サイト
ワン・ナイト・スタンド 500円 [ 公式 ]
Martha Is Dead [ 公式 ]

今週発売ゲームの見どころ紹介

  1. 去年出たダウンロードソフトをパッケージ化。アニメーションスタジオが製作。「ムジュラの仮面」のファンアニメを作っていただけのことはあり、N64の頃のゼルダから影響を受けているアクションゲーム『Kena: Bridge of Spirits』
  2. Switch版は既に2021年にリリース済。縦画面モードも収録。全曲フルアレンジ。雷電30周年記念&ゲーセンミカドコラボのSTG『雷電IV×MIKADO remix』
  3. PS4版発売から約1年半が経過。グラフィックは綺麗だがPS4版ではバックミラーやフレームレートが荒い。PS5版で完全版となりそうなGT3レースゲーム『アセットコルサ コンペティツィオーネ』
  4. ついにきた。ダクソをオープンワールドにしたような、フロム・ソフトウェア最大級規模の作品。「ゲーム・オブ・スローンズ」原作者のジョージ・R・R・マーティンも脚本に参加したA・RPG『ELDEN RING』
  5. 2より2年半後の物語。登場キャラクターは一新されたが、事実上のナンバリング3作目とのこと。タイトーを吸収したスクエニが出してるから、アルカノイドも遊べるというADV『Life is Strange: True Colors』
  6. 時代に合わせて電気自動車レースもあり。なんとクロスプラットフォームでマルチプレイが可能。過去にあったモードも復活してGRIDワールドシリーズ最大規模の作品になりそうなRCG『GRID Legends』
  7. タイトル名はワンナイトラブの隠語。酒によって寝て起きたら、隣には見知らぬ女性が。ポイント&クリックで物語を進めて、女性と良好な関係を気づくのか。物語は意外な方向に進むこともあるADV『ワン・ナイト・スタンド』
  8. PS4/PS5版は表現規制を明言。規制なしのXbox Series版かPC版をやった方がいいと思われるサイコロジカル・ホラーゲーム『Martha Is Dead』
  9. 爽快感重視の連撃ゲーに進化。台湾の町並みをより細かく描写。前作より1年が経過。強くなったメンバーの扱いが気になる3D・ACT『DUSK DIVER2 崑崙靈動』前作攻略記事 / 店頭体験記事
  10. アトリエ3部作のお約束を覆して、不思議シリーズの4作目。なんと3作目『リディー&スールのアトリエ』ではなく、初代『ソフィーのアトリエ』の続編。主人公ソフィーの成長はリディー側で見届けているだけに、一体どういう展開になるのか楽しみなRPG『ソフィーのアトリエ2 ~不思議な夢の錬金術士~』
  11. 2019年6月に発売されたR18作品の全年齢移植版。物語は学生編と社会人編の2部構成。ビジュアルアーツ作品がなぜかエンターグラムでリリースされるというSF・ADV『月の彼方で逢いましょう』
  12. 「バイオ2」「DMC」「ベヨネッタ」の神谷英樹氏が総監督を務める。伝統と古典のSTGムーンクレスタが現代に復活。プラチナゲームズがおくるネオ・クラシックシリーズ第1弾『ソルクレスタ』

購入予定&あとがき

いよいよ新作ラッシュ本番の週。

何から手を付けようか嬉しい悲鳴を上げている人も多そうな予感。

とりあえず『DUSK DIVER2』『ELDEN RING』『ワン・ナイト・スタンド』の3本を買って、ライフイズストレンジはあとで買うような構成でいこうかと思っています。

こういうときに限ってバンパイアサバイバーズ始めちゃうという

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です