『ゴッサム・ナイツ』『I.Q FINAL』を含めた11作品が追加!2023年10月ゲームカタログのトロフィーを軽くチェックしてみる | トロびぼ
BWセール第2弾からトロフィー攻略を抜粋

『ゴッサム・ナイツ』『I.Q FINAL』を含めた11作品が追加!2023年10月ゲームカタログのトロフィーを軽くチェックしてみる

『ゴッサム・ナイツ』『I.Q FINAL』を含めた11作品が追加!2023年10月ゲームカタログのトロフィーを軽くチェックしてみる

2023年10月17日より『ゴッサム・ナイツ』を含む計11作品がゲームカタログに追加

毎月第3火曜日はゲームサブスク更新の日。

そういうことで、2023年10月期のゲームカタログに新規タイトルが追加されました。

海外に比べてタイトルを削られてしまったのは残念ですが、代わりの『A列車で行こうExp』が追加されています。

サブスクではやったことないジャンルに挑戦するユーザーがいるので、新規の層が掘り起こせるかもしれません。

現在、PS Plusには3つの有料プランが存在しており

  • エッセンシャル … 最安プラン。毎月フリープレイ配信タイトルだけを遊べる
  • エクストラ … ゲームカタログに掲載されたPS4/PS5の準新作 / 新作が遊び放題となる
  • プレミアム … 他のプランのサービスを全て受けられる上に、クラシックゲームが遊べる

と分かれています。

自分が加入しているサービスの作品群を確認するようにしてください。

2023年10月に追加されたPS5タイトル一覧

2023年10月に追加されたPS4タイトル一覧

※ CERO:Z作品をダウンロードするには、ウォレットにクレジットカードを登録しておいてください。

クラシックスカタログに追加されるソフト一覧

クラシックカタログはこの4作品。

トロフィーが追加されているのはソニー製の『I.Q FINAL』『ピポサルアカデミ~ア-どっさり! サルゲー大全集』の2つですね。

ややこしいですが『鉄拳6』はPS3版ではなくPSP版なので、トロフィーはつかないということです。

もうすぐ提供終了となる作品一覧(11月21日まで)

もうすぐ提供終了となる作品一覧

PS5本体からはPS Plus → コレクション → プレイのラストチャンス → 全て表示とたどっていくと、来月終了予定のタイトルを見ることができます。

ACT『モモドラ』はさくっと5時間ぐらいで楽しめる2Dメトロイドヴァニアです。

ACT『ワイルドガンズ』は3Dアクションシューターなんですが、難易度ハードでノーコンティニュークリアとかいう鬼畜なトロフィーがあります。

「マグロ、ご期待ください」ことSTG『エースオブシーフード』は6~8時間ぐらいでトロコン出来ます。

ただ”初期状態でラスボスに勝て!”というトロフィーが鬼畜なので要注意。

オンラインマルチプレイにより、自分は初期状態、フレンドはパワーアップして倒してもらうという手法が使えますね。

3DACT『東方スカイアリーナ』はトロフィー「チームバトラー」が鬼門。

オンラインで3人集めないとチームバトルのレートが1200に達しないからです。

10月17日に提供終了したタイトルがセール中(25日まで)

ゲームカタログで遊びきれなかった作品をフォローするかのように、特殊なセールが始まりました。

クラウド&シープ2』はなんと99%OFFの14円なので、無条件に買っちゃってもいいんじゃないでしょうか。

セールは25日と26日終了組に分かれているので注意してください。

PS5向けのクラウドストリーミングサービスがスタート(10月17日から)

PS5向けのクラウドストリーミングサービスが開始(10月17日から)

ついにPS5向けのクラウドゲーミングサービスが始動しました。

PS Now時代よりは安定したプレイが楽しめてるかな、という感じですね。

PS5本体は常にセーブデータをオンラインで同期しているので、そのままクラウドでも遊べてしまいます。

内蔵SSDを増設するのが面倒、という方はプレイしてみてはいかがでしょうか。

PS5版の原神も対応しているというのは大きい

容量が90GBを超えそうなオープンワールドRPGこと、原神もストリーミングプレイに対応しています。

さほど遅延にこだわるようなタイトルでもないので、思い切ってクラウド版に移行してみるのも手ですね。

これで崩壊:スターレイルも対応したら、かなり使い勝手のよいサービスと捉えられる気がします。

 

ゲームカタログに追加されたソフトのトロフィーをさらっと紹介

【PS5】ゴッサム・ナイツ

バットマン亡き後のゴッサムシティを描いたオープンワールドアクションゲーム。

ストーリーは短めなので、サイドミッションと収集物(約150個)に時間を割くことになります。

難易度は不問につき、素直にベリーイージーを選んでおきましょう。

レベルキャップ解禁はクリア後の「ニューゲームプラス」からとなるので、必然的に2周目の途中まで進めることとなります。

プラチナトロフィーは一人で取れますが、追加のトロフィーはオンラインCo-opに挑戦しなければなりません。

created by Rinker
WB Games
¥2,700 (2024/04/17 20:45:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

【PS5/PS4】THE DARK PICTURES: HOUSE OF ASHES (ハウス・オブ・アッシュ)

ホラーADV「クアリー」「アンティルドーン」を手がけたSupermassive Games制作。

イラク戦争の後に大量破壊兵器を探していたところ、突如として大地震が発生。

化け物がうごめく地下世界から脱出できるか…というホラーADVです。

アドベンチャーゲームなのでテクニックは要求されません。

ただし、序盤の決定があとになって響いてくるとか、そういう複雑なフラグ立てが必要となります。

別パターンの展開を見るために、セーブデータは上書きせずに分けておきましょう。

ここには書き切れないぐらいの収集物とストーリー分岐があるので、ある程度楽しんだら攻略サイト通りにやってしまうのがおすすめ。

 

【PS5/PS4】Eldest Souls

ダークソウル × ボス戦オンリー、という見下ろし型2Dアクションゲームです。

本作に回復アイテムは存在せず、溜め攻撃を当てることで生命力を維持していきます。

ゲーム自体は短いんですが、各ボスにそれぞれノーダメージ撃破という鬼畜トロフィーが用意されてました。

そして「死なずにゲームをクリアする」「スキルもカスタマイズせずにクリアしろ」と頭のおかしいムーブも要求されます。

更に、ボスの行動パターンが変わる2周目「深淵」モードも待ちかまえているという鬼畜ぶり。

トロコンしたら間違いなく自慢できる一作ですね。

 

【PS5/PS4】ファー: チェンジング タイド

文明が滅び、世界は水没。

主人公は航海に出るも、セリフを一切口に出すことはありません。

いわゆる雰囲気のみで世界観を楽しむというFARシリーズの2作目です。

スピードラン「210分以内にクリア」というトロフィーがあるので、十分にゲームを覚えてから2周目に挑む必要があります。

注意するのは、序盤から花に水をやり続ける必要がある「花を最大まで育てる」ぐらい。

あとはトロフィーの説明文通りに行動していけばいいでしょう。

 

【PS5/PS4】Gungrave G.O.R.E (ガングレイヴゴア)

数年前、銃を無限に撃ち続けられる「ガングレイヴ」というゲームがありました。

トライガンの内藤泰弘氏も制作に携わったのですが、当時はスペックに制約があり、何とも消化不良な形で終わってしまったのです。

そこでシリーズのファンでもあったキム・ケイ氏が、レッドエンタテイメントから許諾を受け、IPを復活させたというのがことの発端。

当初はク〇ゲー扱いされていましたが、半年以上のアップデートを経て、まずまずのTPSアクションになりました。

素直にイージー→ノーマル→ハードと周回していきましょう。

クリアごとに新たなスキルが開放されるので、順番にやっていけばハードまでは何とかなるはずです。

最後は全てのスキルアップグレードを完了するため、5~6時間ぐらい稼ぎに費やすというのがネックですね。

復活しても相変わらず人を選ぶゲームというのが、一番変わらないアイデンティティだったのかもしれません。

 

【PS4】ALIEN: ISOLATION -エイリアン アイソレーション-

映画『エイリアン』の1と2の間に起こった出来事を補完したゲームです。

海外では有料DLCとして配信されたコンテンツも、日本版は特別に最初から収録してあります。

最初は死にまくってエイリアンの出現場所を覚えることになるため、怖い、いやストレスが溜まると賛否両論になったこともありました。

鬼門は「一度も死なずにゲームをクリアする」というトロフィー。

これはセーブデータのバックアップから復帰できるので、是非とも活用するようにしましょう。

1周目はハード、2周目はベリーイージーでトロフィー収集を狙います。

収集物は全セーブデータ共通なので、突っ切って取ったらやられてしまってもOK。

文書の位置は攻略動画を参考にするようにしましょう。

 

【PS4】A列車で行こうExp.

鉄道会社を運営して、街に駅を建設。

線路を敷設していき、最終的に自分でダイヤを組んで、街を育てていくというゲームです。

ダイヤを組むのが楽しい作品でもあるので、その辺は頑張って考えるようにしましょう。

見た目はPC版をそのままPS4に移植したようなものですし、ここはマウスでのプレイを推奨します。

鬼門トロフィーは「人口1,000万人」「資金10兆円」の2つ。

普通は3~4万人程度で十分な規模の街が出来上がるので、いつまでやらされんねん…と呪詛を吐きたくなるでしょう。

他にも「線路/道路1000km」「鉄道博物館コンプ」とか苦行レベルですし、まずはゲームを楽しんでから考えるといいです。

ちなみに完成した街はジオラマとしてPS VRで眺めることが可能。

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥74,980 (2024/04/17 20:45:48時点 Amazon調べ-詳細)

 

クラシックゲームに追加されたトロフィーも軽く触れてみる

【PS5/PS4】I.Q FINAL(PS1)

大ヒットしたアクションパズルゲーム「I.Q インテリジェントキューブ」のアッパーバージョンです。

前作は巻き戻しながらクリアするだけで良かったんですが、今回は「〇〇を使ってクリア」とか複雑な条件が増えました。

更に100問の詰め将棋をやらされる100ATTACKもあり、トロコンはかなり面倒くさいです。

ただ、ひたすら巻き戻せば何とかなるタイトルではあるので、繰り返しに耐性のある人は挑戦する価値はあるでしょう。

 

【PS5/PS4】ピポサルアカデミ~ア どっさり!サルゲ~大全集(PSP)

PS4は全ミニゲームクリアでプラチナ行けましたが、PS5は少し時間がかかりました。私を含めてピポトロンが出にくいという報告が有ります。

運が良ければ5~6時間、悪くて10時間かかりました。

コメント欄のradikopremium802さんより

PSPで発売されたミニゲーム集です。

同じソニーから販売されている「みんなのゴルフ」や「グランツーリスモ」のパロディもあります。

正直、内容はサルゲッチュ版マリオパーティなのですが、ゲーム開始前の説明が分かりづらく、ほとんどクリアできないという問題点があります。

ミスしてからゲームを覚えるという側面もあり、巻き戻しがあって初めて成立する作品なのではないでしょうか。

カードシステムもないですし、トロフィーリストを見る感じアカデミ~ア2ほどの難しさはなさそうですが、果たしてどうか。

あとがき

トロフィーの特許がソニーにあることはわかってますが、それでも他社のアーカイブにも実績を付けてほしい今日この頃。

PS1のサードパーティといえばナムコなので、ちょっともったいない気がします
created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥66,980 (2024/04/17 02:22:43時点 Amazon調べ-詳細)

2 COMMENTS

radikopremium802

・ピポサルアカデミ~ア

PS4は全ミニゲームクリアでプラチナ行けましたが、PS5は少し時間がかかりました。私を含めてピポトロンが出にくいという報告が有ります。

運が良ければ5~6時間、悪くて10時間かかりました。

返信する
かなめ

>radikopremium802さん
報告ありがとうございます
今後取り上げようと思っていたので、前情報の提供はかなり助かります
ちょっと記事に追記しておきますね

少しプレイしたのですが、肩車や縄の連続ジャンプのミニゲームは巻き戻し前提だなぁ…と

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です